EN 日本語

世界経済フォーラム

第四次産業革命日本センター

ビデオを見る

ヘルスケア

認知症など高齢疾患の予防と、生活クオリティの向上に向けたデータガバナンスの枠組み構築を目指しています。ヘルスケアデータに対するプライバシーやアクセスコントロールといった医療データ政策の課題解決は、高齢化が喫緊の課題となっている日本のみならず、世界の医療政策・データ政策分野の改革にも資する可能性をもっています。

APPA(Authorized Public Purpose Access):社会的合意に基づく公益目的のデータアクセス」は、私たちが提唱しているデータガバナンスモデルです。医学医療の発展や公衆衛生の向上など特定の公的な目的のためであれば、必ずしも明示的な個人同意によることなく個人の人権を別の形で保証し、データへのアクセスを許可するモデルです。 医療のみならず、災害対応や児童虐待の防止などへも実装も期待されています。

このプロジェクトは「Shaping the Future of Health and Healthcare: ヘルスとヘルスケア」プラットフォームに属します。

特集: 日本 すべて見る

メルマガの登録

グローバル・アジェンダのウィークリー・アップデート

© 2021 World Economic Forum

プライバシーポリシーと利用規約