Makiko Eda

Chief Representative Officer, Japan, World Economic Forum Tokyo

Makiko held a number of leadership positions in marketing and sales at Intel Corporation in Japan and Asia Pacific region. After serving as president and representative director of Intel Japan for five years, she assumed her current post in April 2018. Makiko has also been serving on the committee for the promotion of regulatory reform by the Japanese government from 2016. A graduate of Waseda University, she holds a master’s degree in sociology from Arkansas State University in the United States.

最新記事

ジェンダーパリティ(ジェンダー公正)

日本おけるジェンダー・ギャップ解消

例年世界注目れる世界経済フォラムジェンダギャップレポ」。2021年版引き続き政治経済分野おけるジェンダー・パリティジェンダ公正)」大きな課題ある加えコロナ影響あり、「グロバルジェンダー・ギャップ世界男女格差)」解消、「135年後要する予想ますこれ昨年99.5からさらに「36」...

2021年03月30日
ダボス・アジェンダ 2021

日本サステナブルポストコロナ未来築く

日本一人勝ち勝者総取り)」追求する冷ややかられる常でむしろ社会持続可能繁栄モニー・協調性欠かせない考えられましこう思考背景地理孤立稲作文化あっ歴史あります島国天然資源限られいるため生き残る共有なけれならなかっといっ要素あっ考えられますしかし現代世界...

2021年01月18日
ジョブ・リセット・サミット2020

新型コロナウイルス感染拡大によりさらに迫られる日本ジェンダ格差なくすためアクション

新型コロナウイルス感染拡大により厳しい経済状況置かいる日本多く女性脆弱立場置かれストレス抱えいること見過はいけませパンデミック世界大流行影響により日本かねから懸案いるジェンダギャップ課題浮き彫りなりまし問題深刻続けます

2020年10月23日
ジェンダーパリティ(ジェンダー公正)

拡大する日本男女格差埋める

ジェンダー・パリティジェンダ公正推進向け動き近年日本でも盛んですそれでもなおジェンダー・ギャップ広がり続けます世界2020年国際女性祝うこの時こ日本遅れとっいる理由何かそしてこの10ジェンダ平等目指しどう前進するべきか考える良い機会です

2020年03月09日
日本

ラグビルドカップ与えるシップについて教訓

ラグビルドカップ2019日本開催ます日本アイルランドサモア勝利ベスト入り目前なりまし日本チ熱き誇り国民感動呼び起こしまたホストとして盛り上がりみせます多く人々同様自国チ声援送りルドカップ日本開催という興奮包まれます大会920開幕、112まで開催ます

2019年10月10日
日本

労働力高齢課題する日本

4次産業革命テクノロジ既存経済社会システム圧迫する日本諸外同様グロバリゼション4.0持つ大きな影響直面ます。2018年版仕事未来レポよる、2022まで主要20ヵ国7,500万人雇用失われる予測おり新た労働需要満たすべく官民による解決求められることなります

2019年05月13日
1/2