アジェンダ(寄稿文)

最新の寄稿文で、ビジネス、政治、市民社会のリーダーたちによるタイムリーな分析および解説をお読みいただけます。

836 寄稿文

Cybersecurity

モノのインターネット(IoT)がダークウェブの標的になった理由とその対策

ダークウェブは、匿名性の隠れ蓑の下で違法行為が盛んに行われる秘密の市場へと発展してきました。

Antoinette Hodes

2024年5月24日

4月、横浜の湾岸地域に100人以上のボランティアが集まり、アマモを海底に植える活動が行われました。
Nature and Biodiversity

ブルーカーボンを活用する日本の取り組み ~ネットゼロへの道筋~

4月、横浜の湾岸地域に100人以上のボランティアが集まり、アマモを海底に植える活動が行われました。日本は、2050年までにカーボンニュートラルを達成するという目標を掲げており、海洋資源を活用した地球温暖化対策を推進する日本初の取り組みである「横浜ブルーカーボン事業」が2011年に発足しています。

Naoko Tochibayashi

2024年5月24日

アフリカ北東部では、水へのアクセスと干ばつに対するレジリエンス(強靭性)が引き続き課題となっています。
Food and Water

アフリカの深層地下水、干ばつに対するレジリエンスが劇変する可能性

猛暑と干ばつが「アフリカの角」と呼ばれるインド洋と紅海に接するアフリカ北東部の地域を荒廃させ、壊滅的な結果をもたらしています。ジブチ、エリトリア、エチオピア、ソマリアの多くの人々にとって、それは現在も続いています。そして今は影響を受けていない人々にも、干ばつの恐怖はこれまでになく身近に迫っているのです。

Bradley Hiller, Jude Cobbing and Andrew Harper

2024年5月20日

寿命が延び、退職年齢が遅くなるため、職場における年代の多様化が進むでしょう。
Jobs and the Future of Work

年齢が多様化する職場がもたらす未来の成長

ここ数十年、30年から40年を職場で過ごし、60代で引退することが一般的だと考えられていました。しかし、それはもはや通用しません。働き方は変わりつつあります。いつ働くか、どのように働くか、どこで働くか、どのようなツールを使うかだけでなく、「誰が」働くかということが重要です。

Susan Taylor Martin

2024年5月16日

グリーン・テクノロジーのイノベーション・パイプラインに資金を供給するクリエイティブな方法を、中国から学ぶことができるでしょう。
Geographies in Depth

グリーン・テクノロジー、中国に学ぶイノベーションを支える資金調達

IPCCの最新の報告書によると、温室効果ガス(GHG)排出量は二酸化炭素換算で57.4 ギガトンとなり、世界記録を更新。2023年は、産業革命以前の平均を1.45±0.12℃上回り、記録上最も暖かい年となりました。排出量を削減するどころか、私たちは間違った方向に進み続けています。しかし、この状況に変化をもたらすことは可能です。

Sha Song

2024年5月13日

人工衛星、航空機、地上センサーによって行われる地球観測は、6つの主要セクターに大きな価値をもたらす力を持っています。

地球観測が6つの産業にもたらす経済的・気候的価値

毎日、1,000機以上の人工衛星が世界中の詳細な画像やデータを収集。そのデータは、息をのむような地球のイメージの生成に使用されるほか、地上の技術と組み合わせることで、人々と地球の関係を明らかにし、大きな経済価値の創出に役立ちます。

Brett Loubert, Bridget Fawcett and Helen Burdett

2024年5月10日

中東・北アフリカ地域(MENA)は、紛争から経済的苦境、人道問題、深刻化する気候変動問題まで、さまざまな課題に直面しており、結束力の欠如がすべてを悪化させています。

インテリジェント・エコノミーの発展に向け、中東・北アフリカ地域が取るべき4つのステップ

中東・北アフリカ地域(MENA)は、紛争から経済的苦境、人道問題、深刻化する気候変動問題まで、さまざまな課題に直面しており、結束力の欠如がすべてを悪化させています。サウジアラビアのリヤドで開催される、世界経済フォーラムの「開発に向けたグローバル・コラボレーション、およびエネルギー」特別会合が強調するように、こうした状況を乗り切るだけでなく、「インテリジェント・エコノミーの時代」とも呼べる新たな経済時代に備えなければなりません。インテリジェント・エコノミーの背景にある考え方は、AI(人工知能)、5G、モノのインターネット(IoT)などの複数のインテリジェンス・システムを連携させることであり、これにより大きな利益とイノベーションがもたらされる可能性があります。しかし現在、これらのテクノロジーはそれぞれ個別に発展しています。

Maroun Kairouz

2024年5月8日

A busy street view of Shibuya, Japan, illustrating a built environment
Urban Transformation

日本の循環型建造環境が、経済的にも環境的にも理にかなっている理由

2050年までに、世界人口の約68%が都市部で暮らすようになると見込まれています。この人口を収容するためには新しい建物を建設する必要があり、これは40日ごとにニューヨークほどの規模の都市を新たに建設することに相当します。今世紀の課題は、この需要にサステナブルな手法で対応していくことです。

Anis Nassar, Sebastian Reiter and Yuito Yamada

2024年5月8日

Middle Powers
Geo-Economics and Politics

グローバルアジェンダの解決に向けた歩みをリードする中堅国

今日最も差し迫った課題や将来最も有望な機会は、国境に縛られるものではありません。経済の強化、集団的安全保障の改善、気候変動への対応、フロンティア技術の恩恵を解き放つことができるかどうかのすべては、協力的なアプローチにかかっています。しかし世界は、協調という課題が、対立的なマインドセットに取って代わられる危険な状況に向かうリスクを抱えています。

Børge Brende

2024年4月30日

graphic of valuable papers, charts and diagrams in a blog about economic growth
Economic Growth

南北間の緊密な協力で、経済成長エンジンを再始動する

私たちは、ここ数十年で最も複雑かつ予測不可能な地政学的・地理経済的環境の中で生きていると言っても過言ではありません。第二次世界大戦以来最多となった暴力的な紛争が、悲惨な人道的犠牲を積み重ね、貿易やエネルギー供給を混乱させ、現在進行中の食料危機や燃料危機を引き起こしています。

Saadia Zahidi

2024年4月30日

The Global Battery Alliance is a multi-stakeholder partnership establishing circularity in the battery value chain.
Forum Institutional

パートナーシップがサーキュラリティ拡大の推進力に

何十年もの間、サーキュラリティ(循環性)は、廃棄物を原料として再利用するより長持ちする製品を作るなど、持続可能性をもたらす手段として認識されてきました。最近では、企業は、レジリエンス(強靭性)の向上、新たな収益源、資源効率など、戦略的な事業目標を達成するための推進力としてサーキュラリティを活用し始めています。

Kyriakos Triantafyllidis, Tessa Bysong and Josh Hinkel

2024年4月29日

1 / 56

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム