アジェンダ

グーロバル、地域、産業のアジェンダを形成するストーリー

グローバル・アジェンダ

ジェンダー・ギャップ

多様な人材、育つチャンス

世界経済フォーラムでは毎年、世界のジェンダーギャップの状況をまとめています。昨年末に出した報告書では、AIを開発したり使ったりする技術を持った専門職のうち女性が占める割合は22%に過ぎず、格差拡大や、多様性の欠如による技術革新の停滞につながりかねないという内容を盛り込みました。その22%の中でも、管理職は男性が多く補佐的な業務は女性が多いという偏りが見られました。

2019年03月11日
第四次産業革命

2019年、10の明るい見通し

楽観的な人でも、2018年は大変な年であったと感じるでしょう。1年前の2018年年次総会で取り上げられた「分断された世界」は、ポピュリストたちのレトリックと国家主義者たちの計略によって一層の圧力を受け、同時に気候変動や不平等、自動化が仕事に与えるインパクトなどの課題に対して世界が協調して対応する喫緊性がますます高まりました。

2019年02月15日
もっと読む

地域におけるアジェンダ

Japan

東京で活躍するウェイター、実は障がいを持つ人が遠隔操作をするロボット

東京のある期間限定レストランが、障がいを持つ人々を接客スタッフとして雇用するという実験的な試みを進めています。ただし、これはよくある試みではありません。分身ロボットカフェDAWN ver.βのスタッフは自分たち自身で注文を取りテーブルを片づけるのではなく、自宅にいながらにしてロボットを操縦しているのです。

2019年01月31日
インド

ドローンとデータが変えるインド農業

1960年代後半のグリーン革命以降、インドはより良いテクノロジーと農業手法を取り入れながら食料自給の実現に向けて大きな飛躍を遂げてきました。しかしながら、インド農家は依然として、適正価格やマーケット情報・知識の欠如や農産物の市場流通性の低さ、非効率的なサプライチェーンなど、まだまだ大きな課題に直面しています。こうした喫緊の課題解決に対応するため、インドのナレンドラ・モディ...

2019年01月17日
グローバル、地域、産業

産業におけるアジェンダ

都市と都市化

スマートシティが「人」にもたらす べきものとは

私たちは面白い時代を生きています。それはテクノロジー企業にとって最良の時代であると、英国の文豪ディケンズは表現するかもしれません。デジタル革命は画期的なインパクトを与えていますが、人類が直面している地球規模の危機や課題を踏まえると、多くの人にとってはむしろ最悪の時代になるかもしれません。

2019年02月06日
AIとロボット工学

ロボットは人間よりも有能なリーダーとなれるか?

人工知能とロボットが様々なホワイトカラー業務を自動化することで、第四次産業革命は労働市場に大混乱を引き起こすと予測されていますが、この科学的な調査結果に該当しない職業があります。それは、最も批判され、詮索され、冷笑される職業の1つ、政府の指導者です。

2018年12月10日
持続可能な開発

5つの新たなトレンド - 環境問題と向き合うファッション業界

ファッション産業に変革を求める最近の潮流。劣悪な労働条件のもとで生産され、かつ、想像以上に環境への影響が大きい「資源の投入・生産・消費」モデルからの脱却がファッション産業に求められています。この問題は、過去のアジェンダで掲載した「知られていないファッション産業のコスト」や、より詳細には「ファストファッションが環境にもたらすもの」でも取り上げています。将来の世代を念頭におき...

2018年08月21日
AIとロボット工学

人工知能に倫理は必要。その倫理とは?

自動運転車やアルゴリズム取引、臨床判断支援システム、そしてデータマイニングなど、さまざまな場面で使われる人工知能(AI)のカギを握るのは、ビッグデータと機械学習。AIの発展には大容量データの利用が不可欠な条件です。そのため、デジタルプラットフォームとツールが、かつてない規模で利用される中国の巨大な人口とビジネスセクターは、AIの恩恵を受けるでしょう。また、デジタル世界にユ...

2018年08月21日
もっと読む