<報告書発表> 女性の平等達成は5世代先 しかし歴史的な選挙イヤーが希望をもたらす

発行済み
2024年06月11日
2024
シェア

世界経済フォラム コミュニケションズ 栃林直子 naoko.tochibayashi@weforum.org

  • グロバルジェンダー・ギャップはわずか改善しかられ現在進展状況解消まであと5世代かかる見込みです
  • 女性政治参画改善格差最も大きい領域あるため最も大きな影響与えますしかしグロバル女性トップレベル地位就くこと多大難しいまです
  • 202460超える国政選挙実施史上最大グロバル人口投票することなるため女性政治代表ジェンダー・ギャップ全般改善れる可能あります
  • グロバル労働力参おけるジェンダー・パリティ回復しつつありパンデミック最低あっ62.3%から65.7%に達します
  • AIエンジニアリングおける女性割合2016以降倍増ます、STEM分野AIにおける割合依然として大きく不足ます
  • レポ全文インフォグラフィックそのこちらシャルメディアハッシュタグ:#gendergap24

スイスジュネ2024612 - 発表グロバルジェンダギャップレポ2024よる世界ジェンダー・ギャップ68.5%解消まししかし現在完全ジェンダー・パリティジェンダ公正達成するまであと134年かかること明らかなりましこれ、5世代分相当ます世界全体ジェンダー・ギャップ昨年から0.1%ポイント縮小ます

いくつか明る話題あるもの、2024グロバルジェンダギャップレポ強調いるよう改善緩慢漸進あるため特に経済政治分野おけるジェンダー・パリティ達成向け世界コミットメント緊急必要ですジェンダー・パリティ実現2158まで待つことできませ断固行動とるべきです世界経済フォラム取締ディアザヒディ述べます

リーダーシップの格差:依然として女性が政治界および産業界のトップレベルの地位にアクセスしにくい状況

政治分野おける女性地位レベル地方レベル向上ますグロバル女性トップレベル地位就くことかなり難しいまです。202460超える国政選挙実施史上最大グロバル人口投票することなるためこう代表課題改善れる可能ありますリンクトイン示すよう産業界トップレベルポジション依然として女性少ないですあらゆる業界新卒入社から経営加わるまで女性割合大きく減少すること観察ます

ジェンダー・ギャップ指数含まれる国々半数少しずつ前進いるもの依然として大き格差残っます。2024グロバルジェンダー・ギャップわずか縮小、「経済プラスシフト(0.6%ポイント牽引もの、「政治参加医療アクセス少し前進、「教育はわずか減少まし

注目すべき地域と国の進歩

課題残り続けますレポ注目べき前向き進展強調ます女性グロバル労働力参加率おけるジェンダー・パリティ新型コロナウイルス感染パンデミック最低62.3%から65.7%回復ましラテンアメリカカリブ海諸総合ジェンダー・パリティスコア74.2%達成労働力参専門役割おける強力平等によってこれまで最高経済スコア(65.7%)地域別2番目高い政治参加スコア(34%)達成ましラテンアメリカおけるこのサクセススト地域モデルすることできるでしょ

多く大きく前進最も改善6カ国ランキング20位以上上昇ましその6カ国エクアドル(+34、16)、シエラレオネ(+32、80)、グアテマラ(+24、93)、キプロス(+22、84)、マニアギリシャ(+20、それぞれ68位と73です

国・地域別ハイライト

欧州ジェンダー・パリティスコア75%引き続きリ上位10国中7カ国欧州国々占めますアイスランド依然としてジェンダ平等あり全体ジェンダー・ギャップ93.5%解消ますその上位フィンランドノルウェー、スウェデンドイツアイルランド含まれいずれジェンダー・ギャップ80%以上解消ます欧州全体ジェンダー・パリティスコア、2006以来6.2%ポイント向上ます

北米ジェンダー・パリティスコア74.8%2ランク、2006以来4.3%ポイント改善ましこの地域、「教育医療アクセスにおいて高い実績示しおりそれぞれ100%96.9%スコア獲得ます。「経済76.3%高水維持ます所得格差指導役割参加低さにより若干低下ます

ラテンアメリカカリブ地域74.2%3。2006以降大きな前進見られ全体として8.3%ポイント改善ますこれ地域より大きな改善です地域労働参加おい心強改善見られ専門技術職務おける女性代表高く地域68%完全平等達成ます

東アジア大洋州地域スコア69.2%4地域経済スコア71.7%改善まし労働力参労働力代によって大き格差残っます。「教育医療アクセス成果高いもの、「政治参加遅れますニュランド(4フィリピン(25など国々この地域ます

中央アジア69.1%5。「教育医療アクセスはほぼ同等あるかかわらず、「経済政治参加スコア2023以降後退ますアルメニアジョジアカザフスタントップそれぞれジェンダー・ギャップ71%以上解消ます

サハラ以南アフリカ諸国68.4%6この地域ナミビアアフリカよう国々おり、「政治参加において大き進展見せますしかし、「経済教育依然として課題あります地域半数以上ジェンダー・ギャップ70%以上解消ます上位下位22.9%ポイントもの開きあります

アジアスコア63.7%7この地域、2006以降、「教育におい顕著改善遂げまし、「経済閣僚レベル議会おける代表よう政治参加のいくつか側面苦戦ますバングラデシュこの地域ネパスリランカこれ続います

中東北アフリカ61.7%8。「経済政治参加スコア低いものこの地域2006以降教育達成顕著改善見られます労働参加依然として低いもの近年サウジアラビアアラブ首長国連(UAE)ジェンダー・パリティ向け前進ます。UAEイスラエルこの地域トップ100ランクインただ2国々です

経済格差:STEM分野とAI人材におけるジェンダー・ギャップは縮小しているが、早急な解消が必要

2024女性労働力参おけるジェンダー・パリティ改善もの地域差依然として大きいまですリンクトインよる業界レベル女性労働力比ほぼすべて業界経済男性下回っおりグロバル労働42%、シニアリ31.7%女性ですさらに職業上ネットワ育児介護負担おけるジェンダー・ギャップなど要因女性経済進歩遅らます世界銀行雇用起業おけるジェンダー・ギャップ解消すれ世界GDP20%以上増加せることできる見積もっます

前向き進展、AIエンジニアリングおける女性割合20162倍以上なっことありこの分野一定進展あっこと示しますしかし、STEM分野AI人材おけるジェンダー・ギャップ依然として大き課題ですリンクトインよる新卒STEM(科学技術工学数学就く女性29%、経営幹部はわずか12.2%ですセラよるオンライントレニングおけるジェンダー・パリティ、AIビッグデ(30%)、プログラミング(31%)、ネットワサイバセキュリティ(31%)において既存労働力格解消する低すぎますさらに、PwC(プライスウォハウスクによる大規労働調査現在役割から需要認識男女あること明らかなっおり女性デジタル分析グリに関するスキル今後5年間現在キャリア軌道とっそれほど重要ない見積もっますまた将来スキルつける機会関する認識ジェンダー・ギャップあります

「2022女性職へ登用減り始めます世界経済冷え込む不釣り合い打撃受けいる女性あり女性会社働くこと妨げいる構造課題強化ますリンクトイングロバルパブリックポリシエコノミックグラフ担当バイスプレジデントー・デュ。「生成AI労働市場影響及ぼし始め雇用最も重視するスキル再調れるたち極め重要局面迎えます雇用主スキル向上プログラム施策性別関係なくすべて従業に対し公正かつ平等提供れるようすること重要です」。

セラCEOあるジェフマッジョンカルダよう述べます。「たち調査よる受講総数増加いるもの、AIデジタルスキルおける男女格差拡大ます。「このギャップ埋め新しいテクノロジ学ぶため公平アクセス確保するため絞っ介入不可欠です生成AIこの取り組み重要役割果たし世界中学習多様満たためソナライズ多言語学習体可能するでしょ」。

政府企業サステナブル成長不可欠ジェンダー・パリティ受け入れるためリソマインドセット転換なけれなりませ協力絞っ介入によってのみ平等世界実現することできるです世界経済フォラム、2030向けグロバルジェンダー・パリティスプリントにおいて連帯行動すること呼び掛けおりジェンダー・パリティに関する傾向リセットするためパブリックセクタ企業両方からトナ募っます

「グローバル・ジェンダー・ギャップレポート2024」について

グロバルジェンダー・ギャップレポ、「経済」、「教育」、「医療アクセス」、「政治参加におけるジェンダ基づく格差評価するもの今回18年目迎えます。2006以降進展追跡する長い歴史持つ指標としてこれら格差解消進展長期監視ます

「グローバル・ジェンダー・パリティ・スプリント」について

グロバルジェンダー・パリティスプリント2030」、2030まで経済参加シップおけるジェンダー・パリティ加速せるため企業政府国際機関結ぶプラットフォですこのイニシアチブジェンダ平等掲げインパクトある介入提供することグロバル経済成長イノベション基準設定取り組んます

グロバルジェンダー・パリティスプリント詳細こちら

以下インフォグラフィックス参照ください。(英文のみ

参考

世界経済フォラム アジェンダ 日本語 | スペイン | 中国語で読む
フォラム インパクト詳細知る
フォラム ストラテジックインテリジェンストランスフォメンションマップ
フォラム動画写真、X @wef@davosInstagramリンクトインティックトックウェイボポッドキャストフェイスブックYouTubeフォロする
英文プレスリリ配信登録

すべての意見は、著者によるものです。世界経済フォーラムは、独立かつ中立なプラットホームとして、​グーロバル、地域、産業のアジェンダを形成する話題に関わる議論の場を提供しています。

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • サインイン
  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム