グローバルリスク報告書2023年版: 急激な生活費危機とサステナブルな気候アクションの狭間で緊張がピークに

発行済み
2023年01月11日
2023
シェア

世界経済フォラム パブリックエンゲジメント 栃林直子
Tel.: +81-(0)3-3560-6093 Naoko.Tochibayashi@weforum.org

  • 生活費危機最大短期リスクある一方気候変動緩和および対応失敗最大長期懸念ある
  • 地経学上対立自国優先姿勢今後経済制約強め短期リスク長期リスクさらに悪化せるだろ
  • グロバルリスク報告資源競争避けるため連携するよう各国強く呼びかけいる
  • 報告書 1,200名以上有識政策立案および産業界リたち見解反映いる。「グロバルリスク報告2023Global Risks Report 2023全文こちらグロバルリスクイニシアチブGlobal Risks Initiative詳細こちら意見発信などタグ #risks23。

2023111 スイスジュネ 世界経済フォラム発行グロバルリスク報告過去17年間渡り相互深く関わり合うグロバルリスクについて警告発しまし。「グロバルリスク報告 2023年版対立地経学的緊張相互深く関わり合うグロバルリスク引き起こすますそのとつあるエネルギおよび食料供給危機今後2年間続く可能高い見込ま生活費債務返済大幅上昇また今年報告紹介ます時にこう危機リスク特に気候変動生物多様ヒュマンキャピタル資本に対する投資いっ長期リスク立ち向かう取り組み弱体ます

グロバルリスク報告2023年版最も深刻長期脅威に対するアクション窓口急速閉じられつつある現在リスク重大転換達する一丸なっ行動求められる論じられます

シュマクレナンおよびチュリッヒインシュアランスグル連携作成本報告書、1,200名以上グロバルリスク有識政策立案および産業界リたち意見引用ますグロバルリスクランドスケ3時間まとめられますこれ新しいながら気味悪いほど見覚えある内容あります世界かねからあっものいずれ収まっいくられ数多くリスク再び直面いるです

現在世界規模パンデミック欧州起きいる戦争エネルギー、インフレ食料および安全保障危機再び前面押し出しますこう危機さらなるリスク芋づる引き起こしその結果から生じ不況リスク苦境ある企業負債増加継続する生活危機虚偽情報誤情による社会極化要する気候対策停滞全体として結果ゼロしかならない地経学上争い今後2年間猛威振る考えられます

今後10うち世界気候変動緩和適応より効率協調始めなけれ地球温暖環境破壊続くことなるでしょ特にリスクトップ10のうち上位5占める気候変動緩和対応失敗自然災害生物多様喪失環境悪化特に生物多様喪失これから10最も急速悪化するグロバルリスクひとつられますこれら並行危機によって層および地政学レベル対立高まりそこからかつない次元社会不安引き起こさ医療教育経済発展に対する投資消失ため社会一体さらになわます最終激化する対立地経学武器するリスクだけ留まら軍事リスク繋がりここ新興テクノロジ利用悪意あるプレイヤ台頭ます

これから年間国政社会環境そし安全保障相反する諸問抱え厳しいトレドオフ向き合うことなるでしょ短期地経学的リスクにより早くネットゼロ取り組み試練さらさ必要れる科学技術それ受け入れる政治ギャップ生じます地球温暖たらす結果限定留めるため気候危機に対する行動一丸なっ劇的スピドアップせる必要あります時に安全保障関する検討事項増加一途たどる軍事支出により長期化する生活危機おい衝撃和らげる財政余裕なわいくかもしれませ軌道修正なけれ脆弱国々危機状況恒常未来向け発展人類進歩グリンテクノロジ投資できなくなるおそれあります

報告書たち短期そし長期視点バランス取りながら連携かつ断固行動するよう呼びかけます緊急要する協調気候変動対応加え財政安定テクノロジー・ガバナンス経済発展そして調査科学教育医療に対する投資強化めざし国間そし官民間連携取り組むこと勧告ます

世界経済フォラム取締役サディアザヒディこう述べます。「短期危機ランドスケエネルギー、食料負債災害中心ですすで最も脆弱存在なり苦しんいる人々複数危機直面いる人々そして脆弱状態ある言っいい人々豊か貧しい急速増え続けますグロバルリたち最も懸念べき気候人類進歩ありこの2つが現在危機相反する場合あっそれ変わりませ協調そが進むとつ方法です」。

またチュリッヒインシュアランスグルサステイナビリティリスク部門トップ務めるジョンスコットこう述べます。「気候変動による影響生物多様喪失食料安全保障天然資源消費相互作用危険組み合わせです大きな政策転換投資行わなけれこれら組み合わせ生態崩壊さらに加速食料供給危険さらし自然災害影響増幅気候変動緩和さらなる進捗制限するでしょ行動スピドアップせれ、10以内1.5ᵒC軌道修正達成環境関わる喫緊課題対処できるチャンスまだあります最近再生可能エネルギ電気自動車進化みれ楽観視できる理由あるです」。

シュコンチネンタルロッパ統括リスクマネジメント務めるキャロライナクリントこう述べます。「2023食料エネルギー、原材料サイバセキュリティリスク増大する1なること確実グロバルサプライチェさらなる混乱招き投資判断影響生じるでしょ各国そし各組レジリエンス強靭性取り組み強化べきとき経済逆風足かせなりますこの世代おい最も困難地経学状況直面いる現在企業短期懸念対処することだけなく長期リスク構造変化うまく対応できる戦略立案注がなけれなりませ」。

グロバルリスク報告世界経済フォラムグロバルリスクイニシアチブ短期中期長期グロバルリスクについてより大き共通理解促すことリスク備えレジリエンスつけることをめざすものです今年報告現在そし未来リスクよう関わり合いポリクライシス」―関連する複数グロバルリスク絡み合っ複合影響予測できない結果生み出すかについて調査行わますまた、「資源競争についてつまり食料エネルギ含む天然資源供給需要関わり相互絡み合っいる一連環境地経学的社会経済リスクひとつクラスタなる可能について検討ます

参考

世界経済フォラム連絡

  • trong>· 欧州スイス世界経済フォラムパブリックアフェアマネジャサムブェルトミュラー +41 (0)79 267 80 17 samuel.werthmuller@weforum.org

トナ企業連絡

  • 英国シュマクレナンメディアリレション部門グロバルディレクタジェイソングロブス +44 (0)773332587 jason.groves@marsh.com
  • スイスチュリッヒインシュアランスグルメディアリレションズ EMEA、投資マネジメントリスクマネジメント部門トップ パベルオシピャンツ +41 (0)44 625 20 13 pavel.osipyants@zurich.com

次総2023について
グロバルリスク報告2023年版該当テ「Cooperation in a Fragmented World(分断世界おける協力姿)」世界主導いるたち集う次総2023先立ち発表ものです。「グロバルリスク報告2023年版全文こちら意見発信タグ#risks23

ンチプレスリリ閲覧こちら

次総2023について詳細 こちら
世界経済フォラム アジェンダ 日本語 | フランス | スペイン | 中国語で読む
フォラム インパクト詳細知る

フォラム動画写真見る

ツイッタ@wef

@davosInstagramリンクトインティックトックウェイボポッドキャストフェイスブックYouTubeフォラムフォロする
英文プレスリリ配信登録こちら

すべての意見は、著者によるものです。世界経済フォーラムは、独立かつ中立なプラットホームとして、​グーロバル、地域、産業のアジェンダを形成する話題に関わる議論の場を提供しています。

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2023 世界経済フォーラム