グローバル企業のリーダー、ステークホルダー資本主義指標にコミットし、 ESGのコンバージェンス(収斂)を支援

発行済み
2021年01月22日
2021
シェア

世界経済フォラム パブリックエンゲジメント 栃林直子
Tel.: +81-(0)3-3560-6093 Naoko.Tochibayashi@weforum.org

  • 世界経済フォラム国際ビジネス評議(IBC)メンバ含む61ビジネスリ本日、IBC発表中核指標あるステクホルダ資本主義指標基づい報告取り組むこと誓約まし
  • ステクホルダ資本主義指標企業業種地域問わず報告可能ある普遍比較可能開示事項提供するものあり、「」「地球」「繁栄」「ガバナンス4中心まとめられ指標開示報告枠組です
  • この動き民間セクタ環境社会ガバナンス要因すべて企業成功長期存続不可欠ある考えいること示しおり財務報告ためグロバルソリュションについて結束高まっます
  • ステクホルダ資本主義指標イニシアティブいかサステナビリティ基準設定団体コンバジェンス収斂拡大非財務報向けグロバルソリュション奨励いくかについて詳細こちら
  • 20209発表、ESG報告書日本語版ステクホルダ資本主義進捗測定持続可能価値創造ため共通指標一貫報告目指し~」こちら

2021126ジュネ - 業界超え61各界トップ企業連合体本日世界経済フォラム国際ビジネス評議(IBC)20209発表すべてステクホルダため長期企業価値創造測定する環境社会ガバナンス(ESG)指標開示事項合わせステクホルダ資本主義指標基づい報告取り組む意思表明まし

既存自主基準から導き出さステクホルダ資本主義指標ビジネス社会地球とって最重考えられる」「地球」「繁栄」「ガバナンス原則柱とする、21普遍比較可能開示事項中核なる組み合わせ提供おり企業業種地域問わこれ利用報告すること可能なりますこれにより企業投資サステナビリティに関する問題進捗状況評価能力強化企業生み出す持続可能共有価値関わる意思決定改善透明性説明責任強化することできます

ダウユニリネスレペイパルリライアンスインダストリソニ含むこれら組織本日以下取り組み意思表明行いまし

1. 自社事業最も関連高い指標報告する異なるアプロより適切ある理由簡潔説明することにより投資家そのステクホルダ報告年次報告サステナビリティ報告委任状など資料中核指標反映せる

2. イニシアティブ支援すること公言ビジネスパトナ支援呼びかける

3. 従来ESG指標フレムワ原則さらなるコンバジェンス収斂促進共通ESG指標利用非財務報に関する世界受け入れられるソリュション向け進展支援する

ビジネスリたちによるこのようコミットメントすべて企業成功長期存続ため、ESG要因これまで以上重要なるということ示しますこれ自社中核戦略事業運営企業情報開示サステナビリティ組み入れるという大手グロバル企業意向明確表します

今やステクホルダ資本主義主流なっます世界経済フォラム創始会長あるクラウスシュワブ語ります。「企業財務事項ならず、ESG影響について報告する公約すること進歩人間地球役立グロバル経済構築向け重要です」。

バンクオブアメリカ最高経営責任(CEO)会長IBC議長あるブライアンモイニハンたち株主大きなリタ提供する同時重要社会優先課題解決貢献なけれなりませこれこそがステクホルダ資本主義実践です共通指標あれすべてステクホルダ進捗状況測定することでき資本主義企業投資その人々から集結できる資源最も大きな変化たらすことできる場所確実向けることできますと述べます

世界経済フォラム、140超えるステクホルダ支援得てバンクオブアメリカデロイト、EY、KPMG、PwC共同、2年間プロセス経て21中核指標34拡大指標定めまし。 (日本語版こちら)。

本指標」「地球」「繁栄」「ガバナンス原則という4中核据え財務情報開示含まれます意図従来基準沿っ策定これら温室効果ガス排出給与平等取締役会多様など指標含まれます

これら指標開示採用報告することビジネスコミュニティ従来基準間調整協力関係促進サステナビリティ実績関する報告ため体系世界認められ共通基準開発進展促します

ステクホルダ資本主義指標報告実施同意企業リスト以下おりです

1. アクセンチュア
2. アデコグル
3. アフリカンレインボー・ミネラルズ
4. アリアンツ
5. バンコサンタンデ
6. バンクオブアメリカ
7. BBVA(ビルバオビスカヤアルヘンタリア銀行
8. ボストン コンサルティング グル
9. bp
10. クリフォドチャンス
11. クレディスイス
12. デルテクノロジ
13. デロイト
14. ドイツポスト DHL
15. ダウ
16. エニ
17. エコラボ
18. エコペトロ
19. エクイノ
20. EY
21. フィデリティインタナショナル
22. ハイネケン
23. ヒュレットパッカ
24. HSBCルディングス
25. IBM
26. JLL(ジョンズラングラ
27.
28. KPMG
29. マヒンドラグル
30. マジドアルフッタイム
31. マスタ
32. マッキンゼアンドカンパニ
33. メドトロニック
34. キュリエナジグル
35. 三菱商事
36. 三菱UFJフィナンシャルグル
37. ネスレ
38. ノボノルディスク
39. パロアルトネットワクス
40. ペイパル
41. ピュブリシスグル
42. PwC(プライスウォハウスク
43. リライアンスインダストリ
44. レプソル
45. Royal DSM
46. ロイヤルダッチシェル
47. ロイヤル フィリップス
48. ルスフォ
49. シュナイダエレクトリック
50. メンス
51. ソルベイ
52. ソニ
53. 住友商事
54. 三井住友フィナンシャルグル(SMFG)
55. サントリルディングス
56. 武田薬品
57. トタル
58. UBS
59. ユニリ
60. ヤラインタナショナル
61. チュリッヒインシュアランスグル

コメント

世界直面いる最大課題一部気候変動暴走環境悪化社会不平等ですユニリ最高経営責任(CEO)、アランジョ述べます。「変革ためメカニズム何か考え企業年次報告決算最初思い浮かぶことないかもしれませこれら問題取り組む新た資本主義創出するため標準化財務報告義務不可欠です世界経済フォラムIBCによる活動重要ステップありたち全力支援ます」。

「ESG開示適切投資決定ため不可欠あること認識いる投資から需要高まっます国際合意枠組はまだ存在ませ、Royal DSM共同最高経営責任(CEO)兼最高財務責任者(CFO)常務取締あるジェラルディンマチェット。「ステクホルダ資本主義指標従来指標基準コンバジェンス収斂向けなること期待ますこれ世界必要いるシステミック変革加速投資家正しい軌道乗せ消費行動より良いもの変え企業正しいこと行う支援するため迅速方法一つなるでしょ」。

ソルベイ最高経営責任(CEO)兼執行委員会委員長あるイルハムカドリステクホルダ資本主義投資家企業社会規制当局関連する共通ESG指標提供向け大きなですと語ります。「ソルベイ優れ収益ある成長持続可能責任ある方法実現すること尽力ます社会直面いる重要課題取り組むため整合性透明性あり事実基づい対話加わる機会としてたちこれら指標積極取り入れます」。

ステクホルダ資本主義影響高まる今日一歩先進展歩み進みまし企業明確指標設定進捗状況測定責任果たすこと行動持っ示すなっということですルスフォ会長兼最高経営責任者(CEO)あるベニオフ語ります。「そうすることのみ株主長期成長たらしすべてステクホルダ信頼関係構築世界状況改善することできるです」。

ステクホルダ資本主義進捗測定イニシアティブついて

20198世界経済フォラムIBC要請受けデロイト、EY、KPMG、PwC共同ガバナンス地球人間繁栄4柱とし意図従来基準基づい普遍指標開示事項組み合わせあるステクホルダ資本主義指標特定するプロジェクト開始まし。200社以上企業投資家ステクホルダ半年間にわたる協議プロセス経てプロジェクト綿密設定21中核指標34拡大指標定め、20209白書Measuring Stakeholder Capitalism – Towards Common Metrics and Donsistent Reporting of Sustainable Value Creationとして発表まし。(日本語版こちら)。

ステクホルダ資本主義指標イニシアティブ企業、ESG指標に対する実績測定実証する方法改善持続可能開発目標(SDGs)達成積極貢献する手助けなること目指ますプロジェクト目的主要民間ESG基準設定団体間コンバジェンス収斂加速、ESG開示報告おける比較可能貫性高めることあります

ダボスアジェンダについて

ダボスアジェンダ、2021求められる原則政策トナシップ形成するため信頼再構すること目指し世界たち結集する先駆なりますパンデミック世界大流行食い止め年間通じ力強回復実現する革新かつ大胆解決選択するたち支援すること目的とし一週間にわたりグロバルプログラム展開ます。5沿っ100セッション国首、CEO、市民社会たちグロバルメディア積極参加ますメディア登録こちら

世界経済フォラム世界官民セクタ協力通じ世界現状改善取り組むこと目的する国際機関です。1971設立フォラム政府ビジネス学術および市民社会活躍するトップリ連携世界より良くすること目的様々活動行っます。(www.weforum.org)

すべての意見は、著者によるものです。世界経済フォーラムは、独立かつ中立なプラットホームとして、​グーロバル、地域、産業のアジェンダを形成する話題に関わる議論の場を提供しています。

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム