Agenda articles

Explore the Forum’s latest opinion articles, timely analyses and explainers from leaders in business, politics, and civil society.
Filter by global issue, industry or economy
500 articles
エネルギーの未来

産業界をネットゼロの軌道に乗せるための5つのステップ

今日、産業部門が世界のエネルギー消費に占める割合は40%近くにのぼります。また、世界の温室効果ガス排出量において産業部門は30%以上を占めています。このうち約80%は、鉄鋼、セメント、アルミニウム、アンモニア、石油・ガスの5つの産業から排出されています。エネルギーや産業用製品に対する需要は、2050年までにさらに30%から80%増加すると予測されています。産業界の脱炭素化を徹底して加速しなければ、産業排出量は需要増とともに増加する一方です。つまり、世界が目指すネットゼロ達成がますます遠のきかねないということです。

Muqsit Ashraf and Roberto Bocca

2022年8月8日

ジェンダーパリティ(ジェンダー公正)

日本がジェンダーギャップからより包括的な社会を育むには?

ダイバーシティは、もちろん男女平等のみを意味とするものだけではありません。一方で、女性は少数派の中で最大のグループであり、女性が活躍できないということは、その企業や組織に少数派を登用し多様性を深める能力が乏しいことを意味します。

Makiko Eda

2022年7月20日

働き方の未来

「分散型自律組織」(decentralized autonomous organizations (DAO) は未来の事業構造となるのか

分散型自律組織(DAO)は、ブロックチェーン上でコードとして実行される新しいタイプの組織構造。通常、トークンを保有するメンバーによって所有、運営され、トークン保有者には組織の意思決定権および経済的な権利(または、そのいずれか)が付与されます。

Geoffrey See, Ashlin Perumall and Assel Zhanassova

2022年7月19日

ドローン

ドローンが社会に貢献する、3つの活躍の場

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)をきっかけに、ドローン各社はドローンの新たな用途の開発を急いでいます。アフリカでワクチンを運んだり、ロックダウン(都市封鎖)で外出できない家庭に消費財を届けたりするなどの活用法です。

Simon Read

2022年7月5日

メンタルヘルス

そのテクノロジー、ウェルビーイング? 文脈の捉え直しに市場あり

パンデミックを経て、私たちの生活は大きな変化を遂げています。DXが進んだことで、画面上でのコミュニケーションが増え、時間や場所の制約が減り、さまざまな面で効率は向上。一方で、人間が本来持っている肉体性を備えた充実感については、むしろ意識的に努力しないと得られないようなものとなりました。同じくコロナ禍を機に「ウェルビーイング」という言葉が広がり、「幸福」と訳されますが、一連の流れを受けると、効率化を促進しつつ、肉体性を伴うことが、その実現のカギとなりそうです。つまり、そこに“ビジネスの種”があるともいえます。では、ウェルビーイングに関する領域では、どのようなトレンドやテクノロジーがあるのでしょうか。オンラインデータプラットフォーム「スタティスタ(Statista)」のデータを元に考察していきます。まず、市場規模について。グローバル ウェルネス インスティチュートが対象に実施した調査によれば、2020年時点での米国の市場規模は、全てのカテゴリーを合計すると4.4兆ドルになります。

Forbes JAPAN

2022年7月4日

持続可能な開発

日本のSDGs - 理想と現実「SDGs消費経験は3割」にすぎない?

地球環境や社会に配慮されたエシカル(倫理性・道徳性の高い)商品や、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」であるフェアトレードなど、近年、SDGs消費が注目されている。

Business Insider Japan

2022年6月20日

1 / 34

メルマガの登録

グローバル・アジェンダのウィークリー・アップデート

© 2022 World Economic Forum

プライバシーポリシーと利用規約