• 中国、武漢から広がった新型コロナウイルスの影響により、工場が操業を停止
  • 中国の2月上旬の自動車販売は92%減少
  • 供給不足が自動車生産に悪影響を及ぼしており、その影響が世界中に波及

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡散防止を図って、中国全土で実施された先の操業停止後、同国の企業は営業再開に取り組んでいます。しかし、新型コロナウイルスの大流行による経済的影響は拡大を続けており、これが中国の自動車部門に大きな損害を残すことは、間違いありません。

落ち込む中国の自動車生産

中国は世界最大の自動車市場であり、大流行の中心となった武漢は「自動車のまち」として知られる都市です。ゼネラルモーターズ、ホンダ、日産、プジョーグループ、ルノーなどが、武漢に自動車工場の拠点を置いています。ホンダだけでみても、武漢は中国における生産全体のおよそ50%を占めています。また、武漢を省都とする湖北省は、自動車生産において中国で第4位(2019年)で、中国の自動車生産能力の約10%が同省に所在し、その生産車両台数は224万台にのぼります。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国的に実施された一連の操業停止で、中国全土の多くの自動車会社も閉鎖しました。湖北省に拠点を置く自動車会社だけでなく、例えば上海にあるテスラの新工場も操業を停止。同社のモデル3の生産期日は延期を余儀なくされました。フォルクスワーゲンも、SAICとのパートナーシップのもとで運営する、中国の全工場で生産を延期しました

主にこの影響で、中国乗用車協会(CPCA)のデータによれば、中国の自動車販売は2月上旬に92%の落ち込みとなりました。中国の自動車製造業者協会は先ごろ、今年上半期の自動車販売が10%減少し、今年通年では5%減少するとの予測を示しました。またIHSマークイットは、多くの工場が3月中旬まで操業を停止した場合、中国の自動車生産台数が170万台減少しかねないとの見解を示しています。

多数の労働者が感染防止のため自宅に隔離状態となり、供給ラインに影響しています。こうした中、多くの工場は操業再開やフル操業への復帰に向け、苦戦しています。湖北省は、重要度の低い業種の操業停止を3月11日まで延長する予定だと発表したほか、毎年北京で開かれる中国のモーターショーも、当初4月21日に開催が予定されていましたが、延期が決定しています。これらは一例に過ぎず、新型コロナウイルスの流行を受けて多くのイベントが取りやめ、または延期される事態となっています。

China’s economy predicted to grow at its slowest rate since the financial crisis.
中国経済の成長率は金融危機以降で最低となる見通し
イメージ: Reuters

ドミノ効果は世界中に波及

中国からの供給不足により世界全体で生産が落ち込んでおり、自動車業界への影響は中国の国境を越えて波及しています。

現代自動車(Hyundai Motor)と起亜自動車(Kia Motors)はこのほど、韓国の組み立てラインの幾つかを停止しました。日産も、日本での自動車生産を停止する予定であることを明らかにしました。ゼネラルモーターズは、生産停止によりミシガンとテキサスの工場に影響が及ぶ可能性を示唆。ジャガー・ランドローバーは、新型コロナウイルスの影響で、英国の組み立て工場に問題が起こり得ると警鐘を鳴らしており、フィアット・クライスラー・オートモービルズのマイク・マンリー最高経営責任者(CEO)は、欧州工場のひとつが2月末までに生産を停止する可能性があるとコメントしています。

巻き返しを図る自動車会社

新型コロナウイルスの影響に対して、多くの自動車会社は業務に復帰するための解決策を模索しています。

従来型の販売代理店における客足の激減を受け、一部の自動車メーカーがデジタルを利用した解決策に転じているのは、その一例です。創業当初よりオンライン・ツー・オフライン(O2O)をビジネスモデルとしているNIO、シャオペンといった新興の自動車会社以外にも、フォルクスワーゲン、日産、SAIC、BMWといった伝統的な自動車ブランドの多くが、VR(仮想現実)やライブ放送などの販売促進ツールを活用した自動車のオンライン販売に乗り出しました。

自動車メーカーの上汽通用五菱汽車(SGMW)は、深刻なマスク不足に対応するため、独自にマスクを生産すると発表しました。マスクは呼吸を介したウイルス感染の防止に役立ちます。SGMWは内部パーツのサプライヤーである広西徳福特集団と協力し、広西チワン族自治区にマスクの生産体制を設置。医療用マスクおよびN95マスクのための14の新しい生産ラインで、1日当たり170万枚を生産する計画です。SGMWの最初のロットとなる20万枚のマスクが、2月9日に完成しています。

また、自動車メーカーのBYDと広州汽車集団乗用車(GAC Motor Co.)も、自社工場でマスクと消毒薬を生産することを発表しました。BYDの生産能力は、1日当たりマスクが500万枚、消毒薬が5万本と見込まれており、最初のロットが公共バス、タクシー、ライドサービスの運転手や、流行の拡大阻止に取り組んでいるボランティアに寄贈されています。

企業の営業再開に伴い、自動車市場の伸びが急加速する可能性もありますが、通常レベルに回復するには時間がかかると思われます。新型コロナウイルスの大流行が業界の統合と変革に拍車をかけることは、間違いなさそうです。