サーキュラー・エコノミー

深刻化する海洋プラスチックごみ問題、解決の糸口は循環経済にあり

プラスチックごみを排出しないデザインを実現できれば、プラスチックごみを処分する必要もなくなる。 Image: REUTERS/Antonio Bronic

United Nations Industrial Development Organization (UNIDO)

Share:

The Big Picture
Explore and monitor how サーキュラー・エコノミー is affecting economies, industries and global issues
Crowdsource Innovation
Get involved with our crowdsourced digital platform to deliver impact at scale

Stay up to date:

サーキュラー・エコノミー

これまでに海に流出したプラスチックごみの量は8,600万トン。その量はさらに増え続けている。 Image: GRID-Arendal/Maphoto/Riccardo Pravettoni

License and Republishing

World Economic Forum articles may be republished in accordance with the Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public License, and in accordance with our Terms of Use.

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

Related topics:

サーキュラー・エコノミープラスチックと環境海洋

Share:

Global Agenda

The Agenda Weekly

A weekly update of the most important issues driving the global agenda

Subscribe

You can unsubscribe at any time using the link in our emails. For more details, review our privacy policy.

化学を気候変動問題の原因ではなく、解決策とするためには

メルマガの登録

グローバル・アジェンダのウィークリー・アップデート

© 2022 World Economic Forum

プライバシーポリシーと利用規約