会合の開催

当フォーラムでは、いわゆる「カンファレンス」は開催していません。より流動的かつ長期的な交流にこそ意義があると考え、参加者が長期的に関わることのできる環境と機会を提供するための場となる、会合を開催しているのです。また、会合ごとに、明確な成果とアクションプランを発表することで私たちの取り組みの意義を確実なものとし、それを積み上げていきます。

当フォーラムでは、以下4つの主要年次会合を開催しています。

1. スイスのダボス-クロスタースで開催される世界経済フォーラムの年次総会。1年の始まりに、世界、地域、産業のアジェンダを形成します。

2. ニュー・チャンピオン年次総会。当フォーラムではイノベーション、科学、およびテクノロジーについての年次総会を中国で開催しています。

3. アラブ首長国連邦で開催されるグローバル未来委員会(Global Future Councils)の年次総会。世界をリードする知識のコミュニティが集まり、今日世界が直面している主要な問題について意見を交わします。

4. 産業戦略会議(Industry Strategy Meeting)には、産業戦略責任者(Industry Strategy Officer)が集まって産業のアジェンダを形成するとともに、産業界が変化を管理する立場から変革の先駆者へと変わるにはどうすればよいかについて、議論を深めます。

また、地域ごとの会議や各国の戦略を策定する日程を設けることにより、地域やローカルのアジェンダにインパクトのある問題にフォーカスした取り組みを行うことができます。

それらに加え、それぞれの取り組みに関連した問題についてワークショップ、セミナー、会合のプログラムを開催することによって、目標と行動をさらに推進する機会も提供されす。

「洞察」をとおして

私たちのすべての交流の原動力となるのが、幅広くかつ深い「洞察」です。

優先順位を設定し、意思決定者を結びつけるという自らの役割を支えるため、当フォーラムでは、世界最高水準の研究を行える体制を整え、以下を含む世界の最重要問題について最新データを作成しています。

– 競争力

– ジェンダーによる格差

– グローバルな情報技術

当フォーラムの数多くのコミュニティ(グローバル未来委員会のネットワーク(Network of Global Future Councils)など)は、主要な問題について理解し、これらの問題が世界、地域、または産業固有の他の問題にどのように影響するかについて理解を深めることを目指す「洞察ネットワーク(insight network)」として構成されています。