ログイン
報告書
発行: 19 1月 2021

グロバルリスク報告2021年版

世界経済フォーラム「第16回グローバルリスク報告書」は、人々の健康を脅かす持続的なリスクや新たなリスク、失業率の上昇、デジタルデバイド(情報格差)の拡大、若者の失望、地政学的展望の緊張と脆弱性の高まりなどによる社会の分断がもたらすリスクを分析しています。数多くの企業とその従業員が未来のマーケットにおいて取り残される危険性があります。また、人類の脅威である環境破壊は、社会の分断と交差して、深刻な結果をもたらす危険性があります。2020年、世界的なパンデミックのリスクが現実のものとなり、世界がリスクに敏感になっている今、新型コロナウイルス感染拡大への取り組みにおいて、政府、企業、社会のこれまで以上の結束が求められています。本報告書は、新型コロナウイルスのパンデミックへの対応を振り返り、世界的なレジリエンス(強靭化)を高めるための教訓をまとめています。

制作支援:マーシュ・マクレナン、SKグループ、チューリッヒ・インシュランス・グループ

過去のグローバルリスク報告書を読む:

ライセンスと再発行

世界経済フォーラムレポートは、利用規約に従って再公開される場合があります。

メルマガの登録

グローバル・アジェンダのウィークリー・アップデート

© 2021 World Economic Forum

プライバシーポリシーと利用規約