世界経済フォーラム 年次総会2021について

発行済み
2021年05月18日
2021
シェア

public.affairs@weforum.org

世界経済フォーラムは、3ヶ月後にシンガポールで開催される特別年次総会の準備を進めて参りました。

しかしながら世界各地の状況、不透明な見通し、ワクチン接種の普及速度の違いに加え、変異株の不確実性などを鑑み、シンガポール政府の素晴らしい支援の元であっても、世界各国の企業、政府、市民社会のリーダーが集うグローバルな特別年次総会を、予定していた規模で実現する事は困難であると判断いたしました。

次回の年次総会は、2022年前半の開催を予定しております。開催地および日時は、今夏以降の状況を見極めた上で決定します。

世界経済フォーラムの創設者兼会長であるクラウス・シュワブは、「バーチャルだけでなく実際に集まり、よりレジリエントかつ包摂的で、サステナブルな世界に貢献したいというパートナーたちの大きな関心を考えると、今回の決定は大変難しいものでした。しかし、なによりも関係者全員の健康と安全が最優先であると判断しました」とコメントしています。

世界経済フォーラムは、今後もますます増加するパートナーたちと共に、官民連携を通じたグローバルなアジェンダの主要課題への取り組みを強化して参ります。

世界経済フォーラムは、世界官民両セクターの協力を通じて世界の現状の改善に取り組むことを目的とする国際機関です。1971年に設立された同フォーラムは、政府、ビジネス界、学術界および市民社会の第一線で活躍するトップリーダーと連携し、世界をより良くすることを目的に様々な活動を行っています。(www.weforum.org.)

すべての意見は、著者によるものです。世界経済フォーラムは、独立かつ中立なプラットホームとして、​グーロバル、地域、産業のアジェンダを形成する話題に関わる議論の場を提供しています。