炎上する惑星:気候変動の火種と政治的対立の燃え広がり〜限界を迎えた惑星:気候変動がもたらす試練と政治的対立の猛威〜

発行済み
2020年01月15日
2020
シェア

世界経済フォラム リックエンゲーメント栃林直子
Tel.: 03-5771-0067 Naoko.Tochibayashi@weforum.org

  • ルリスク報告示す長期リスクとして気候変動に対する深刻脅威゙、そして2020顕著短期リスクとして経済対立国内政治極化挙けられます
  • 地政学混乱多国間協調主後退゙、人類一致団結これら危機ルリスク取り 組み阻害いること警鐘鳴らます
  • 社会分裂修復持続可能経済成長加速せる可及対応ない限り゙ー一貫し気候変動 や生物多様喪失危機立ち向かうこと出来ない報告警告ます
  • 報告書全リスクイニシアティフについてこちらシャルメティア#risks20参加さい

2020115 英国ロント - 本報告書国内外分裂加速景気減速予測ます地政学混乱によって大国対立という安定片務的世界向かっ突き動かいくことに対してネス政界゙ー共有するリスク共同かつ早急対応なけれなりませ

世界750名余り有識意思決定権者発生する可能影響高いルリスクについて展望聞いところ、78%゙“経済対立国内政治極化゙2020増大する回答ます

このこと特に気候危機生物多様喪失生物記録減少緊急課題壊滅状況あること物語っますシュ&マクレナンチュリッヒインシュアランス協力によって制作本報告書指摘するところよる政策立案景気刺激なか地球守る施策講し一方企業企業温室効果削減目標(Science Based Targets = SBT)適合することによって致命将来損失リスク避けなけれなりませ

今後10年間発生するルリスクに関する調査開始以来めて発生可能あるリスク上位5位か環境リスクなりましそれら:

1.財産インフラ損失人命喪失誘発する異常気象発生

2.国や企業による気候変動緩和適応失敗

3.原油流出放射能汚なと環境犯罪含む人為環境損害災害

4.環境不可逆影響たらしその結果として人類産業著しい資源枯渇生し大規生物多様喪失生態崩壊(地上また海洋)

5.地震津波火山爆発地磁気嵐巨大自然災害

ステクホルダー準備段階ある今日画期シフト地政学混乱適合実行ない限り経済環境テクノロジー分野リスク減しタイミンク失うことなります産業界政策立案率先行動起こさなけれならないこと明示ます

政局極化海面上昇気候変動たらす試練重大局面迎えます今年世界゙ーたち協調体制仕組み修復再生せる社会おけるセクタ協働なけれなりませ短期利益追うかりなく深く根付いるリスク対峙行く必要あります。」世界経済フォ 総裁ルゲ・レンテます

ルリスク報告リスクイニシアティフ一つあり世界最も差し迫っ課題に対し持続可能総合解決策ステクホルダーたらします

迫りくる地政学およ環境リスク対峙するためシステム思考求められそれか欠落すれ脅威気つことすらないしょ今年報告不平等増大によってたられる影響テクノロジー統治隔たり見直し迫られいる医療制度について明白焦点当てます

シュ&マクレナンインサイツチェアマン務めるョンゥルシックようます。「気候変動高まりに対し復元強く求めいる投資規制当局顧客従業から企業圧力高まっます科学進歩気候変動リスクモテリンクかなり高い確度リスクマネシメントネスフラン組み込まいること物語っます最近ストラリアカリフォルニア発生山火高い注目集める事象政学サイバーリスク対応同様気候リスクに対して対策講しよう企業圧力加えます。」

若年地球現状に対しより大き懸念抱います本報告書、1980以降生まれたち対象彼らかリスクよういる取り上けます彼ら短期長期のいす展望おい環境リスク世代より高い位置ます。90%近い人たちが「異常熱波」「生物多様喪失汚染による健康被害゙2020悪化する回答おり、1980より古い世代回答ある77%、76%、そして67%と比へ高いこと判明ます。1980以降生まれ世代、2030年まて環境リスクによる影響壊滅可能高くなる考えます

人間日常活動によって野生動物83%植物半数喪失ます野生動物植物たち食生医療システム支えいること明白チュリッヒインシュランス゚・リスクオフィサある゚ーー・゙ー気候変動による最悪取り返しつかない影響避け地球生態従来増し保護するため素早対応求められいること示唆ます

、「生物学的多様生態大量炭素吸収毎年33兆ト上る言われる経済効果創出ますこの数字米国中国GDP合計数値匹敵ます企業なら政策立案より早く低炭素経変換なる持続可能ネスモテ転換なけれなりませたち政策転換顧客応え戦略立てられなかっため崩壊しまっ企業数多ますネス転換リスク現実問題あり誰も自分持ち場てリスク軽減負わなけれなりませこれ経済発展必要不可欠けてなく正しいこと行うこと。」と述へます

ルリスク報告2020年版世界経済フォラムルリスク諮問委員貴重支援により制作まし加え戦略パートナあるシュ&マクレナンならチュリッヒインシュランス゚、そして学術アトイザーあるオックスフォティン(オックスフォ大学)、シンカ゚ー国立大学およウォトン校リスクマネシメント&シションフロセスセンター(ンシルハニア大学)協力いたまし

関連資料

回答(1)今後10年間発生する可能あるルリスク(2)発生場合影響について回答寄せます

今後10年間発生する可能高い上位5リスク通り:
1.異常気象(洪水暴風゙)
2.気候変動緩和適応失敗
3.大規模自然災害(:地震津波火山爆発地磁気嵐)
4.大規模生物多様喪失生態崩壊
5.人為環境損害災害

今後 10 年間発生場合影響度上 5 位リスク通り:
1.気候変動緩和適応失敗
2.大量破壊兵
3.大規模生物多様喪失生態崩壊
4.異常気象(:洪水暴風゙)
5.水危機

それルリスク単体収束するものありませ回答相互連関あるリスクについて回答求めところ5つか最も連関強い組み合わせあるという結果まし:
1.異常気象 + 気候変動緩和適応失敗
2.大規模サイバー攻撃 + 重要情報インフラネットワ故障
3.高水準構造失業また不完全雇 + テクノロジー進歩たらす悪影
4.大規模生物多様喪失生態崩壊 + 気候変動緩和適応失敗
5.食糧危機 + 異常気象

2020増大する考えられる短期リスク上位5通り:
1.経済対立 = 78.5%
2.国内政治極化 = 78.4%
3.異常熱波 = 77.1%
4.自然資源生態崩壊 = 76.2% 5. サイバー攻撃:インフラ分野 = 76.1%

お問い合わせ

当フォラム゚ートナ企業問い合わせ以下とおりて

  • シュアンド・マクレナンカンハ
    コミュニケションスィレクタ
    ェイソン (在英国)
    +44 (0)20 7357 1455、jason.groves@marsh.com
  • スイスチュリッヒインシュアランス
    シニアメティアリレションズ・マネ
    オシヒャン (スイス)
    +41 (0)44 625 2013、pavel.osipyants@zurich.com

<参考>
報告書発レスカンファレンス視聴するhttps://wef.ch/risks20
2020年世界経済フォラム年次総会アシェンタ読むhttps://www.weforum.org/agenda
フォラムフォロする@wef@davosフォロー #risks20#wef20交流
フォラムニュスリリ配信登録するhttp://wef.ch/news
フェイスフックフォラムファンなるhttp://wef.ch/facebook
インスタクラムhttp://wef.ch/instagram
リンクトインhttp://wef.ch/linkedin
世界経済フォラムインハクト詳細知るhttp://wef.ch/impact

すべての意見は、著者によるものです。世界経済フォーラムは、独立かつ中立なプラットホームとして、​グーロバル、地域、産業のアジェンダを形成する話題に関わる議論の場を提供しています。

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2023 世界経済フォーラム