世界経済フォーラム・アフリカ会合:第四次産業革命における、誰も取り残すことのない包摂性を焦点に

発行済み
2019年07月18日
2019
シェア

世界経済フォーラム パブリック・エンゲージメント・リード 栃林直子
Tel.: 03-5771-0067 Naoko.Tochibayashi@weforum.org

第28回世界経済フォーラム・アフリカ会合が2019年9月4〜6日、南アフリカ共和国のケープタウンで開催され ます。取材申請はwww.weforummedia.orgにおいて受け付け中。取材申請の期限は2019年8月23日です。

2019年7月18日、南アフリカ共和国ケープタウン – 第28回世界経済フォーラム・アフリカ会合が9月4〜6日、南アフリカ共和国のケープタウンで開催されます。会議のテーマは「第四次産業革命における、包摂的な成長と未来の共有」です。

世界経済フォーラムがサハラ以南のアフリカで開催されるのは、2017年以来。2017年の会議では世界各地から政府、ビジネス、市民社会のリーダーたちが南アフリカ共和国のダーバンに集まりました。

今回の開催地となるアフリカ地域では今年、20の選挙が実施され、南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ大統領が就任から 100日を迎えようとしています。サハラ以南のアフリカは政治的な前進を遂げており、世界銀行によると、経済成長率も2018年の3.1%から2019年には平均3.6%へと、緩やかに加速する見通しです。

こうした状況のなか、世界経済フォーラム・アフリカ会合では、誰も取り残すことのない包摂的な発展を目指しアフリカが直面している次のような課題に取り組みます。

  • アフリカ大陸自由貿易圏を通じた成長と統合の支援
  • 第四次産業革命における質の高い雇用機会の創出と労働者の保護
  • 健康、インフラ等の社会的ニーズに対応するためのドローンの採用•最新技術を活用した医療の促進と伝染病への備え
  • 環境問題に取り組み、産業化を達成するための成長戦略の実施

共同議長は以下のとおりです。

  • エレン・アグラー、エンド基金CEO、米国
  • ジェレミー・ファラー、ウェルカム・トラスト代表、英国
  • アランチャ・ゴンザレス・ラヤ、国際貿易センター(ITC)事務局長、ジュネーブ
  • アンドレ・ホフマン、ロシュ副会長、スイス
  • アレックス・リュー、A.T.カーニー・マネージングパートナー兼会長、米国
  • ジム・オヴィア 、ゼニス銀行頭取、ナイジェリア
  • シポ・M・ピチャナ、アングロゴールド・アシャンティ会長、南アフリカ共和国

「アフリカが順調な発展を遂げるには、新世代の起業家、イノベーター、リーダーに適した環境を構築することが鍵になります。これはスマートでアジャイルな制度、すなわち、技術と資本へのアクセスなど、イノベーションの創出が可能な環境をつくり、政策立案者の思い切った取り組みによって対等な競争基盤を創設し、短期的な重要課題において持続可能で包摂的な成長を最優先する政策を実施することを意味しています」と、世界経済フォーラムアフリカ地域課題部門長兼世界経済フォーラム執行委員のエルシー・カンザは述べています。

取材申請はwww.weforummedia.orgより、2019年8月23日までにお済ませください。申請に対し世界経済フォー ラムが最終承認を行います。

<参考>

2019 年世界経済フォーラム・アフリカ会合:http://wef.ch/af19
会議の概要:MeetingOverview
写真:http://wef.ch/pix
フェイスブック:http://wef.ch/facebook
ツイッター:http://wef.ch/twitter
フォーラムのブログを読む:http://wef.ch/agenda
今後のイベント:http://wef.ch/events
最新情報の配信登録:http://wef.ch/news

すべての意見は、著者によるものです。世界経済フォーラムは、独立かつ中立なプラットホームとして、​グーロバル、地域、産業のアジェンダを形成する話題に関わる議論の場を提供しています。