EN 日本語

世界経済フォーラム

第四次産業革命日本センター

ビデオを見る

プロジェクト

タガバナンス

データ・ガバナンスこそが第四次産業革命における最も重要な課題であると位置付け、データの越境流通を促進するための骨格として「データフリーフローウィズトラスト(Data Free Flow with Trust:信頼性のある自由なデータ取引)」を提示。①国境を越えた自由なデータ流通(Cross Border Data Flows)、②個人・企業・都市間の自由なデータ取引市場(Data for Common Purpose Initiative, DCPI)、③規制・ルールのアップデートによる信頼の再設計という3本柱によるアプローチを推進しています。

プロジェクト詳細はこちら

ヘルスケア

認知症および高齢疾患の予防と、生活の質の向上に向けたデータガバナンスのための枠組みづくりを推進。多国間ネットワークを通じて提唱している「APPA(Authorized Public Purpose Access): 社会的合意に基づく公益⽬的のデータアクセス」など、プラバシーと公益を両⽴させるデータ運⽤ルールに⽀えられたヘルスケア社会の実現を目指します。

プロジェクト詳細はこちら

スマトシティ

地方自治体、中央政府、民間のパートナー、住民と協力し、テクノロジーを活用した社会課題の解決を街づくりのなかに組み込み、運用における透明性、開示性、システムの相互運用性確保を支援しています。G20 Global Smart Cities Alliance for Technology Governance事務局。

プロジェクト詳細はこちら

モビリティ

既存の公共交通網の維持が難しい地域において、より持続可能なモビリティの仕組みを構築することを目指しています。デジタル化やテクノロジーの発展によってもたらされる機会を活用し、都市、郊外、そして地方における輸送を一体的に改善します。

プロジェクト詳細はこちら

アジャイルガバナンス

第四次産業革命を背景とする社会構造の変化、急速な技術発展のスピードに対応可能なガバナンス体制を構築するために、各国の経験やアイデアを共有し変革を実現します。

プロジェクト詳細はこちら

特集: 日本 すべて見る

メルマガの登録

グローバル・アジェンダのウィークリー・アップデート

© 2021 World Economic Forum

プライバシーポリシーと利用規約