EN 日本語

世界経済フォーラム

第四次産業革命日本センター

ビデオを見る

モビリティ

モビリティは、あらゆる経済において不可欠な要素の一つです。一方で自動運転やコネクティビティ、電動化、シェアリングといった各マクロトレンドの収斂が原因で大変革が間近に迫っています。その中で日本では輸送に関する問題への対処が特に欠かせません。人口が集中する都市が存在する一方で、地方では高齢化と過疎化が進んでおり、それら地方の多くは従来型の公共交通網を支えられなくなっています。この取組分野のもと進めているプロジェクトでは、デジタル化やその他のテクノロジーの発展によってもたらされる機会を活用し、都市、郊外、そして地方における輸送を一体的に改善することを目指しています。機会としては、モビリティでのデータ活用によるイノベーションの基礎となる仕様の定義、政府、交通事業者、自動車メーカー、スタートアップ、市民による協調的な問題解決に資する持続可能なモビリティの仕組みの提示、自動運転技術の規制に向けた知見の蓄積が挙げられます。

このプロジェクトは「Shaping the Future of Mobility: モビリティ」プラットフォームに属します。

特集: 日本 すべて見る

メルマガの登録

グローバル・アジェンダのウィークリー・アップデート

© 2021 World Economic Forum

プライバシーポリシーと利用規約