気候対策

建物セクターが気候変動対策に

建物セクターにおけるグリーン転換の追求は、大きなチャンスを引き出し、その中で持続可能な成長を促進することができます。

建物セクターにおけるグリーン転換の追求は、大きなチャンスを引き出し、その中で持続可能な成長を促進することができます。 Image: Getty Images/iStockphoto

Gim Huay Neo
Managing Director, World Economic Forum
Yvonne Zhou
Managing Director and Senior Partner, Boston Consulting Group
シェアする:
インパクト
世界経済フォーラムは、{Topic}}に関する行動を加速させるために何をしているのか
A hand holding a looking glass by a lake
クラウドソース・イノベーション
参加する クラウドソーシングのデジタルプラットフォームで、スケール感のあるインパクトを提供します。
本稿は、以下センター(部門)の一部です。 自然と気候
  • 建物バリューチェーンは、世界の総炭素排出量の37%を占めており、複数の排出削減が困難な部門を含んでいるため、今後はグリーン転換を加速させる必要があります。
  • 世界経済フォーラムとボストン・コンサルティング・グループ(BCG)によると、こうしたグリーン転換は、世界で1兆8,000億ドルの市場機会が掘り起こされる可能性があり、また大きな社会的および環境的価値ももたらします。
  • 建物セクターのグリーン転換がもたらす機会を十分に活用するためには、バリューチェーン全体の関係者が戦略的かつ協力的なアプローチを採用する必要があります。特に、基準設定、フラッグシップ開発、政策設計、そしてイノベーションにおいて、連携が求められます。

建物は人類のニーズに応えるために建設されます。建物は自然を形成し、自然によって形成されます。私たちが建物を形成するように、建物も私たちを形成するのです。北米からアジアにかけて熱波が猛威を振るい、2024年の夏は記録的な猛暑になると予想されている今、排出量を削減する方法として、また気候変動への適応を助ける方法として、我々が身を置く建物に注目すべき時です。

世界的に見ると、建物のバリューチェーンは世界の総炭素排出量の37%を占めています。特に、建物セクターのバリューチェーンは、鉄鋼やセメントなど、より排出削減が困難な産業部門を含んでいるため、その脱炭素化はより困難なものとなっています。気候変動との闘いにおける重要な優先課題を評価する上で、建物セクターが早急に取り組むべき課題であることは明らかです。

建物セクターにおけるグリーン転換の追求は、大きなチャンスを引き出し、その中で持続可能な成長を促進することができます。すでに業界は変化し、新たな開発モデルを追求し始めています。この移行は、最近の市場変動への対応以上のものです。デベロッパー、建設業者、資材供給業者などのバリューチェーン・プレイヤーにとって戦略的な動きであり、世界的なトレンドや、長期的な価値創造を推進するためのより持続可能な実践に対する需要の高まりに沿ったものです。

最も明白で直接的な影響は、建物の設計と建設方法です。使用する材料はもちろん、その産地や建築環境への導入方法も重要です。

建設業の脱炭素化の機会

良いニュースは、より持続可能な建築慣行への移行が、そのバリューチェーンに沿って成長と価値創造のための多くの機会を提供することです。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の分析によると、もっとも優れた持続可能性指標を持つ企業はESGリスクが低く、その評価には10%から15%のプレミアムがついています。持続可能で健康的な建物を設計するための枠組みを提供する、世界的に認知されたLEED(エネルギーと環境デザインのリーダーシップ)評価システムなどの持続可能性関連の認証を受けた建物は、エネルギー効率が高く、賃貸価値が高く、ESGリスクが低いため、資産価値が高くなる可能性があります。また、市場での競争力もあります。

エネルギー効率の高い設計やシステムは、バリューチェーン・プレーヤーにとって大幅なコスト削減につながります。パッシブビルの設計、高効率の冷暖房システム、高度なエネルギー管理システムは、エネルギーと材料の消費を削減し、運用コストを削減します。その代表的な例には、北京の太古里三里屯の空調システムのアップグレードがあります。空調のエネルギー消費を66%、年間13.4GWh削減するものです。エネルギー効率の高い設備とデジタル・エネルギー管理システムは、他の場所でも再現可能であり、この変化を可能にしました。

また、持続可能な手法を採用することで、バリューチェーン・プレーヤーは、環境意識の高い顧客を惹きつける差別化された製品を提供し、公的融資優遇措置へのアクセスや、初期投資コストを相殺する炭素取引の可能性を得ることが可能となります。その結果、財務的な実行可能性を向上させることができます。例えば、世界有数のセメントメーカーであるホルシムは、循環型技術プラットフォームを立ち上げ、最大100%のリサイクルコンクリートを建築物に供給しています。

建物環境が社会と環境に与える影響

私たちが建物や建築環境にどのようにアプローチするかを再考することで、ネット・ゼロを超え、気候変動への耐性を強化し、私たちのウェルビーイングを向上させるような、自然にプラスとなる成果を実現する余地があります。

グリーンビルディングには、利用しやすい緑地やコミュニティセンターなど、コミュニティとの交流や関わりを促進する機能が組み込まれていることが多く、人間の生活の質を高めます。このような建物は、汚染を削減し、生物多様性を保護・強化します。空気や水の質を改善することで、グリーンビルディングはより健康的な生活環境も実現するのです。

例えば、世界で最も環境に配慮した商業ビルのひとつであるシアトルのブリット・センターは、そのさまざまなグリーン機能により、耐用年数中に最大1,850万ドルの利益を社会にもたらすと推定されています。

また、中国初のネット・ゼロ図書館であるSOHO陽正図書館は、公共スペースにおける持続可能な設計の模範となるもので、エネルギー自給率を維持し、二酸化炭素排出量をネット・ゼロにします。中国北西部の農村に位置するこの図書館は、家族の集いや教育活動の拠点として機能する一方、敷地内の太陽光発電、パッシブデザイン要素、緑のオープンスペースによって環境への影響を低減し、地域コミュニティと自然のウェルビーイングを支えています。

拡大するグリーン建設市場

建築分野のバリューチェーンにおけるグリーン転換は、市場拡大の可能性を引き出し、競争力を獲得する機会でもあります。世界経済フォーラムの「中国とその先の建築セクターのバリューチェーン移行に関する調査」によると、建築セクターのバリューチェーンのグリーン化により、世界全体で推定1兆8,000億ドルの市場機会が掘り起こされる可能性があります。

持続可能な建設手法への需要が高まる中、国際基準に合わせ、イノベーションを育成することは、競争力を強化することにつながります。例えば、建設時間と廃棄物を削減するモジュール式建築やプレハブ資材は、中東のような急速に都市化が進む地域では特に魅力的です。

建物セクターのグリーン転換がもたらす機会を十分に活用するためには、バリューチェーン全体の関係者が戦略的かつ協力的なアプローチを採用する必要があります。4つのアプローチにより、官民が連携して課題を克服し、グリーン転換を実現することができるのです。

グローバルな基準と測定の導入: 包括的かつ定量化可能な基準で、ネット・ゼロ、自然保護、レジリエント、ウェルビーイング志向の成果を包含。ベストプラクティスの採用とフラッグシップ・プロジェクトの構築: フラッグシップ・プロジェクトに投資して紹介することで、より広範な採用を促し、新たな業界ベンチマークの設定を支援。効果的な政策とインセンティブの開発:補助金や助成金などの政策イネーブラーによる、 持続可能な実践の奨励とグリーンソリューションの財政的実行可能性の強化。研究開発の支援とイノベーターとの連携: ネットゼロ建材など、グリーン技術の躍進を加速するためのイノベーターとの協力。

今すぐに行動を起こすことは必至です。新興国は気候危機の矢面に立たされていますが、その一方で都市化の大きな進展が続いています。中国の大連で開催中の世界経済フォーラム「第15回ニューチャンピオン年次総会」では、気候変動対策と成長・生活水準向上の必要性という緊張関係が、各国首脳の高い議題となっています。官民のリーダーたちは、世界の建物業界の変革の先頭に立つことになるでしょう。

Loading...
このトピックに関する最新情報をお見逃しなく

無料アカウントを作成し、パーソナライズされたコンテンツコレクション(最新の出版物や分析が掲載)にアクセスしてください。

会員登録(無料)

ライセンスと転載

世界経済フォーラムの記事は、Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public Licenseに基づき、利用規約に従って転載することができます。

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

シェアする:
World Economic Forum logo
グローバル・アジェンダ

アジェンダ ウィークリー

グローバル・アジェンダとなる、重要な課題のウィークリー・アップデート

今すぐ登録する

メールに記載されているリンクを使って、いつでも配信を停止することができます。 詳しくはこちらをご覧下さい。 プライバシー・ポリシー.

環境保護の切り札としての地球観測データ

Andrea Willige

2024年7月12日

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • サインイン
  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム