健康と医療システム

健康への投資がもたらす効果の連鎖

ヘルスケアの向上を続けることは、道徳的に必要なだけでなく、賢明な政治的・経済的な機会でもあります。

ヘルスケアの向上を続けることは、道徳的に必要なだけでなく、賢明な政治的・経済的な機会でもあります。 Image: Unsplash/Levi Meir Clancy

Hans Kluge
Regional Director, Europe, World Health Organization (WHO)
シェアする:
インパクト
世界経済フォーラムは、{Topic}}に関する行動を加速させるために何をしているのか
A hand holding a looking glass by a lake
クラウドソース・イノベーション
参加する クラウドソーシングのデジタルプラットフォームで、スケール感のあるインパクトを提供します。
  • 今世紀に入ってから、中央アジア全域で健康分野が大きく前進しました。
  • 中央アジアでは、平均寿命が男性で平均5.2年、女性で平均4年延び、妊産婦死亡率は過去20年間で半減しました。
  • ヘルスケアの向上を続けることは、道徳的に必要なだけでなく、賢明な政治的・経済的な機会でもあります。

中央アジア(カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン)は、非常に大きな潜在力を持つ地域です。人口8,000万人のうち、約半数が30歳以下。また、この地域はヨーロッパとアジアの経済大国をつなぐ架け橋となっています。今年、この5カ国のGDP成長率は4.1%と見込まれており、これは世界平均の2.6%を大きく上回り、ヨーロッパ地域の他のどの地域よりも高い数値です。

今世紀に入ってから、中央アジア全域で健康状態が著しく改善されました。男性の平均寿命は5.2年延びて70.3年、女性は4年延びて76.2年になりました。妊産婦死亡率は過去20年間で半減し、2000年には10万人当たり49人だったのが、2017年には24人にまで減少しています。

経済的機会としてのヘルスケア

健康の向上を続けることは、道徳的に必要なだけでなく、賢明な政治的・経済的な機会でもあります。

健康への投資は経済的にもプラスに働きます。ヘルスケア部門は経済に貢献する上位10部門のひとつであり、重要な雇用主でもあります。一人当たりGDPと医療分野の雇用の密接な関係は、中央アジアのような移行経済圏ではさらに強いため、どのような投資もさらに大きな利益をもたらす可能性があります。

人々の幸福への投資は社会資本を構築します。WHO(世界保健機関)の調査によると、社会保護、労働市場政策、住宅にGDPのわずか0.1%を投入するだけで、中央アジアの人口8,000万人のうち、4年以内に30万人の生活を改善することができます。また、健康の公平性も築かれます。

また、幼児期の健康への介入を優先することで、教育水準と雇用機会が向上し、その経済的見返りは8倍になります。

健康とウェルビーイングへの強力かつ持続的な投資は、中央アジアの大規模な若年人口がその潜在能力を最大限に発揮し、地域全体のより良い未来に貢献するのです。

ヘルスケアの特定課題への取り組み

ヘルスケアの目標については重要な進展が見られると同時に、特定の課題に今注目することも、今後数年間で大きな成果をもたらすでしょう。

例えば、中央アジアは多剤耐性結核(MDR-TB)の震源地です。同地域では、年間3万4,000件以上の結核患者と、8,000件以上の薬剤耐性結核患者が診断されています。これに対しては、WHOの現場での活動支援により、各国はMDR-TBに対するWHOの新しい経口治療レジメンを導入することができました。これにより、患者は病院に隔離されて働くことができなくなる代わりに、自宅で家族と一緒に治療を受け、より早く通常の生活に戻ることができます。こうした結核管理における大きなブレークスルーが広く実施されれば、状況は一変するでしょう。

別の例として、中央アジアでは気候危機の深刻化が保健衛生に大きな打撃を与えています。特に洪水、高温、氷河の融解といった異常気象は、中央アジア諸国に毎年100億ドルの被害をもたらし、300万人の国民に影響を及ぼしています。これらの国々は、アラル海やカスピ海の環境悪化とそれに伴う水ストレスに代表される、気候変動によって悪化する独自の脆弱性に直面しており、砂漠化を促進しています。関連する健康課題には、安全な水へのアクセス、食糧安全保障、粉塵や大気汚染による呼吸器疾患、リウマチ、結核の増加などがあります。

健康とウェルビーイングのロードマップ

気候変動と健康に関する国の適応計画の策定、コミュニティやヘルスセンターにおける気候変動に強い水、衛生設備、衛生サービスへのアクセスの改善、大気の質と化学物質の安全性の向上などが求められています。これにより、健康だけでなく地域開発の推進、雇用の創出、所得の増加、社会的結束、貧困削減、労働力の効率化にもつながります。

2年前、中央アジアの保健大臣たちは、感染症(結核など)の負担軽減や健康的で緑豊かな環境づくりなど、保健に関する11の行動分野で協力することに合意しました。そのためのメカニズムが「中央アジアにおける健康と福祉のためのロードマップ」です。このロードマップは、政治的な方向性、技術的な優先順位付け、保健分野への投資拡大を組み合わせ、中央アジア5カ国それぞれの強みを増幅させ、すべての人々の利益につなげようとするものです。

現在、このロードマップは、より広範にわたる人々の賛同を必要としています。私たちは、生活と生計が大規模に改善されることを確実にするために、新たな技術とグリーン・イノベーションに投資することで、この地域が飛躍する好機を手にすることになります。市民、政府、企業は同じ懸念を共有し、解決策を実行に移すことを熱望しています。GDPの向上だけでなく、人的・社会的資本の向上、そして中央アジアにおける強力で持続可能な開発への投資の必要性を認識するユニークな機会なのです。

6月26日から27日にかけて、WHO欧州地域事務局とキルギス共和国保健省は、中央アジア国際保健投資フォーラムを開催し、国際的、地域的、国家的な政治および投資パートナーを結集します。このフォーラムでは、保健分野への投資の価値を強調し、ロードマップを進めるために何が行われているかを紹介し、投資の優先順位を再調整します。主要な成果は、中央アジアの安定と繁栄を促進するため、中央アジアの強みと戦略的優位性を基盤に、複数国による投資を追求する中央アジア保健投資グループの設立です。

中央アジア全域の経済発展、社会的結束、環境再生、そして強固な人的資本を促進するためには、保健がまさに最良の投資であることが明確になってきています。

Loading...
このトピックに関する最新情報をお見逃しなく

無料アカウントを作成し、パーソナライズされたコンテンツコレクション(最新の出版物や分析が掲載)にアクセスしてください。

会員登録(無料)

ライセンスと転載

世界経済フォーラムの記事は、Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public Licenseに基づき、利用規約に従って転載することができます。

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

シェアする:
World Economic Forum logo
グローバル・アジェンダ

アジェンダ ウィークリー

グローバル・アジェンダとなる、重要な課題のウィークリー・アップデート

今すぐ登録する

メールに記載されているリンクを使って、いつでも配信を停止することができます。 詳しくはこちらをご覧下さい。 プライバシー・ポリシー.

「ワンヘルス」アプローチで気候変動による健康リスクを軽減

Shyam Bishen

2024年7月17日

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • サインイン
  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム