芸術と文化

デジタル時代に引き継がれる文化遺産 - ガウディのカサ・バトリョが魅せる世界

Refik Anadol, Casa Batlló

In the Mind of Gaudi』- レフィーク・アナドール氏による作品。カサ・バドリョの「ガウディキューブ」の壁、天井、床がスクリーンとなり360度の映像と音楽を体感できます。 Image: Casa Batlló/Claudia Mauriño

Joseph Fowler
Head, Arts and Culture, World Economic Forum Geneva
Amilcar Vargas
World Heritage Manager, Casa Batlló Gaudí
シェアする:
A hand holding a looking glass by a lake
クラウドソース・イノベーション
参加する クラウドソーシングのデジタルプラットフォームで、スケール感のあるインパクトを提供します。
  • 文化遺産は、文化多様性の本質的な部分であり、過去、現在、未来をつなぐ架け橋となっています。
  • 技術革命は、工芸品、美術作品、歴史的文書、伝統的な慣習などのデジタル化と、物理的な障壁を超えたこれらへのアクセスを可能にしました。
  • アントニ・ガウディのカサ・バトリョは、現代アーティストであるレフィク・アナドル氏とソフィア・クレスポ氏のデジタルアートにより新しい命が吹き込まれました。

文化遺産は、人類が共有する歴史の重要な一部であり、インスピレーション、革新、創造の朽ちることのない源泉です。文化多様性の本質的な部分であり、過去、現在、未来をつなぐ架け橋となっている文化遺産は、私たちの社会を形作ってきた多様な伝統、信念、慣習を理解し、尊重する機会を提供してくれるものです。これこそが、文化遺産の保全・活用が極めて重要である理由です。

将来の世代が自分たちのルーツとつながり、自らのアイデンティティを祝い、先人たちの知恵から学ぶ機会を提供するという点でも、文化遺産の保全・活用は意味深いものです。これにより、人々は経験の豊かさと多様性を尊重し、一体感と理解を育みます。

芸術のデジタル化

技術革命は、工芸品、美術作品、歴史的文書、伝統的な慣習などのデジタル化と、物理的な障壁を超えたこれらへのアクセスを可能にしました。VR(バーチャルリアリティ)博物館や、3Dを用いた古代遺跡の復元、没入型のAR(拡張現実)体験などは、人々を過去に引き込む革新的な手法を提供します。これにより、人々はこれまで想像することもできなかった方法で、遠い文明や歴史的な出来事とつながることができるようになりました。

ユネスコ世界遺産の一つであるバルセロナのカサ・バトリョは、稀代の建築家アントニ・ガウディが手がけた建築物です。1906年に完成して以来、創造性、革新性、遺産の融合を象徴しています。

カサ・バトリョの世界遺産管理の責任者であるアミルカー・バルガス博士は、その顕著な普遍的価値、真実性、完全性の保全と同時に、ガウディの革新的な精神を引き継ぎ、ARやVRなどデジタルツールを統合するなど先端技術を導入しています。

カサ・バトリョの複雑なストーリーや建築のニュアンスを明らかにする強力な手段となるテクノロジーは、ガウディの作品の本質を捉え、伝えることを可能にします。テクノロジーの力により、現代の観客の興味をかき立て、アナログ世代とデジタル世代が作品を通じて得た喜びを共有することができるようになるのです。

『Casa Batlló: Living Architecture』 - レフィーク・アナドール氏による作品。 Image: Casa Batlló/Claudia Mauriño

テクノロジーが魅せるカサ・バトリョの新しい姿

1904年から1906年にかけて、ガウディはカサ・バトリョのファサードと内装の改修を手掛けました。象徴的なファサードは、その後長い年月を経て、現代アーティストであるレフィク・アナドル氏とソフィア・クレスポ氏のAI(人工知能)とAR技術を駆使したデジタルアートにより新しい命が吹き込まれました。天才ガウディの遺産を未来に引き継ぐため、彼の作品にインスパイアされたアーティストが、人類の象徴的な遺産をデジタルアートにより再解釈するという課題に挑戦したのです。

『Structure of Being』- ソフィア・クレスポ氏による作品。 Image: Casa Batlló/Claudia Mauriño

2022年と2023年には、ガウディの遺産を描いたレフィク・アナドル氏によるジェネレーティブアート作品、『Living Architecture: Casa Batlló(生きた建築:カサ・バトリョ)』が65,000人以上を魅了しました。その後、2024年には、ソフィア・クレスポ氏による壮大なライブマッピング『Structure of Being(存在の構造)』が95,000人の観衆を集めました。グラシア大通りがデジタルアードで彩られ、多くの人々が芸術を身近なものに感じる夜になったのです。

ガウディの作品がNFTアートに

カサ・バトリョは、デジタルの世界でも歴史を刻みました。2022年5月11日には、『Living Architecture: Casa Batlló(生きた建築:カサ・バトリョ)』が、クリスティーズでダイナミックなNFT(非代替性トークン)アートとしてオークションにかけられ、138万ドルで落札されました。

グローバルな博物館セクターの出版社であるミュージアム+ヘリテージ・アドバイザーによると、博物館や世界遺産へのテクノロジーの導入が世界的に標準になってきています。最先端のテクノロジーは、ダイナミックなエンゲージメントツールとして、また、来場者の体験価値を向上させる手段として活用されています。

カサ・バトリョは、ビジター体験に革新的でユニークなアプローチを導入しています。現実のものとは思えないボリュメトリック・プロジェクション、バイノーラル・サウンド、モーションセンサー、世界でも類を見ない没入型空間、そして、匂いなどでガウディの世界を体験できる仕掛けにより、来場者はこれまでにない感覚を味わうことができるのです。

テクノロジーでタイムトラベル

この唯一無二のビジター体験は、多数の国際賞を受賞しています。来場者は、専用タブレットをかざして100年前にタイムトラベルし、ガウディのクリエイティブな世界やカサ・バトリョの魅力的な歴史を体験・発見することができます。

博物館や世界遺産の未来は、芸術、イノベーション、包括性を融合した心躍るものになるでしょう。テクノロジーは、よりインタラクティブでより多くの人がアクセスできるものへと文化体験を変革する上で、重要な役割を果たしています。歴史を保全し、来場者にインスピレーションを与え、教育を提供するダイナミックな空間へと進化する博物館や世界遺産。テクノロジーによるこうした進化が、探索、学習、想像の新たな手法と豊かな体験を提供する新しい未来を拓くでしょう。

Loading...
このトピックに関する最新情報をお見逃しなく

無料アカウントを作成し、パーソナライズされたコンテンツコレクション(最新の出版物や分析が掲載)にアクセスしてください。

会員登録(無料)

ライセンスと転載

世界経済フォーラムの記事は、Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public Licenseに基づき、利用規約に従って転載することができます。

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

シェアする:
World Economic Forum logo
グローバル・アジェンダ

アジェンダ ウィークリー

グローバル・アジェンダとなる、重要な課題のウィークリー・アップデート

今すぐ登録する

メールに記載されているリンクを使って、いつでも配信を停止することができます。 詳しくはこちらをご覧下さい。 プライバシー・ポリシー.

1:17

密林に古代マヤの高速道路を発見

Marin Alsop

2022年2月6日

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム