仕事とスキル

AIがもたらす変化と仕事の未来

新しいテクノロジーは、歴史の中で何度も労働市場を揺さぶってきました。次はAIの番です

新しいテクノロジーは、歴史の中で何度も労働市場を揺さぶってきました。次はAIの番です Image: Getty Images/iStockphoto/ipopba

Henrik Ekelund
Founder and Chairman, BTS Group
シェアする:
インパクト
世界経済フォーラムは、{Topic}}に関する行動を加速させるために何をしているのか
大きな絵
調さしモニターする AIとロボティクス は、経済、産業、グローバルな問題に影響を与えています。
A hand holding a looking glass by a lake
クラウドソース・イノベーション
参加する クラウドソーシングのデジタルプラットフォームで、スケール感のあるインパクトを提供します。
最新の情報をお届けします:

仕事とスキル

本稿は、以下センター(部門)の一部です。 第四次産業革命
  • 歴史的に見ると、新しいテクノロジーが既存の仕事に与える影響を懸念する声は幾度となくありました。
  • 新しいテクノロジーが特定の仕事に取って代わることが多い中、新たな役割を生み出すこともあります。
  • スキルとインフラに投資することで、最新のテクノロジーであるAI(人工知能)がもたらす変化に適応しやすくなります。

情報技術革命が最初の一歩を踏み出した1960年代初頭、科学者と社会活動家からなる委員会は、リンドン・B・ジョンソン米大統領に公開書簡を送りました。情報システムの導入を意味する「サイバネーション革命」は、仕事を見つけることができず、生活必需品を買う余裕もない「貧困層、未熟練者、失業者の独立国家」を生み出すだろうと、彼らは主張したのです。

『アトランティック』誌によれば、その30年前の1930年代、カリフォルニア州のある市長は、工業技術は「フランケンシュタインの怪物」であり、製造業を根底から覆し、「我々の文明を食い尽くす」恐れがあるとアメリカ大統領に手紙を書いたとのこと。

もちろん、新しいテクノロジーの影響に関する以前の類似した多くの予測がそうだったように、新しいテクノロジーがいかに悪い世界をもたらすかといった悲観的な予測はまったくの誤りであることが証明されています。しかし、最近スイスのダボスで開催された世界経済フォーラム2024では、既視感のある出来事がありました。国際通貨基金(IMF)のレポートで、世界中の雇用の40%がAI(人工知能)の影響を受けると結論付けられたのです。同レポートによると、先進国では60%の雇用が機械学習の影響を受け、その約半数がマイナスの影響を受けるとのこと。AIに敗れた人々は、賃金の低下や雇用の減少に直面し、一部の仕事は完全に消滅するでしょう。

一方で、過去200年以上にわたって、将来的に雇用が減少するという予測は概して間違っているのだということが証明されてきました。悲観論者は繰り返し誤ってきたのです。しかし 、確かに何億もの雇用が破壊されてきました。まず、農業テクノロジーが何百万もの農業従事者を代替し、産業革命が人々を工場へと移動させました。その後、オートメーションが人々を工場から追い出し、サービス経済が誕生しました。

しかし、こうした創造的破壊の波の中で、雇用者数は増加。今日、世界中で、そしてほとんどすべての国で、雇用者数は過去最多を記録しています。

1991年~2023年の世界における雇用者数(単位:10億人)
1991年~2023年の世界における雇用者数(単位:10億人) Image: Image: 国際労働機関(ILO)

テクノロジーは常に人々の仕事をサポートするのではなく、主に仕事を置き換えますが、今回は今までとは少々様子が違ったものになるでしょう。なぜならAIは今までの何物とも異なるからです。仕事が置き換わるばかりでなく、新しいタイプの仕事が生まれるのです。

新しい仕事の世界

もしもあなたが120年前、当時の全人口のおよそ4分の3と同じように農場で働いていたとしたら、20人に1人しか農場で働かない世界を想像できたでしょうか。また、今日、労働者が選べる仕事の種類がこれほど多いと予想できたでしょうか。20年前でも、おそらく経済学者は、今日米国で80万人のパーソナルトレーナーが雇用され、アプリ開発業界で250万人の雇用があるとは予測しなかったでしょう。

新しい未知の仕事を想像することの難しさを、現代の私たちも経験しているのかもしれません。私たちは未来を見通すことはできませんが、次のように問いかけることで、新たな雇用の創出可能性について視点を変えることはできます。

まず、現在の私たちのニーズはすべて満たされているでしょうか。例えば、より質の高い食べ物が欲しいですか。企業や政府機関からより良いサービスを受けたいですか。より効率的で、より美しくデザインされた製品が欲しいですか。私たちは、肉体的にも精神的にも、より良い健康を望んでいるのでしょうか。こうした「ニーズやウォンツ」に対応するために、新たな職務が生まれるかもしれません。

第二に、私たちの社会が進化するにつれて、つまり私たちが現在のグローバルな課題の解決に取り組むにつれて、また新たなイノベーションが登場するにつれて、新たなニーズが生まれるのでしょうか。スマートフォンが登場してすべてが変わったように、未来にはまったく新しい雇用分野が生まれるかもしれません。今の私たちには想像もつかないことかもしれませんが、過去200年のパターンが続けば、このような仕事は必ず出てきます。

第三に、製品やサービスに対する需要が増えれば、新たな雇用が生まれるのでしょうか。新しいテクノロジーによってなくなる仕事もあるでしょうが、雇用は生まれます。しかし、新しいテクノロジーは多くの場合、労働者をサポートしてより効率的で優れた仕事ができるようにし、生産コストを下げるでしょう。製品やサービスがより手頃な価格になれば、需要は増加するものです。

最後に、そしておそらく最も関連性のあることですが、政策立案者や政府機関は労働市場のダイナミックな創出と新規雇用への回転をどのように促進するのが最善なのでしょうか。これは、創造的破壊と雇用の転換が、おそらくこれまでよりも高い割合で継続する可能性がある場合、特に重要になります。

新しいテクノロジーと雇用への投資

世界中で新規雇用を極めて多く生み出しているのは、主に中小規模の企業です。そのため、新しいテクノロジーがより利用しやすくなってきた今、起業家や投資家がビジネスを創造し、成長させるための自由がこれまでになく重要になります。

労働市場がより柔軟で自由なものになれば、仕事の性質が変化するにつれて、部門や事業間の移動がより迅速に行われるようになるでしょう。つまり、経済的自由度が低く、労働市場が厳しく規制されているために起業家や投資家にとって魅力的でない国は、より多くの失業に苦しむ可能性があるということです。あるいは、開放的で自由な市場を持つ国は、失われた雇用に代わる新たな雇用を創出し続けるでしょう。

テクノロジーの発展から生じる創造的破壊は、多くの人々や都市・地域全体にとって、困難な時代や新たな挑戦につながるかもしれません。政府は、失業給付やその他の過渡的なセーフティネットと同様に、再就職の機会や支援プログラムを提供することで、このような状況を緩和する重要な役割を果たすことができます。

産業革命の時代、各国政府は当時の新しい仕事に必要な読み書きや数学のスキルを教えるために大規模な公共投資を行いました。また、新しい道路や港湾、その他のインフラへの投資も行われました。この新しい時代には、すべての人のためのデジタル・スキルへの公共投資と、地域が新しい経済機会に参加できるようにする「デジタル・ハイウェイ」が必要です。

私たちは皆、未来の未知の新しい仕事を想像しようとするとき、新しいテクノロジーについて、そしてそれが私たちの仕事や産業にどのような影響を与えるのかについて、正しい問いを立てなければなりません。新しいテクノロジーから新しい仕事がどのように生まれるかについて視点を変えることで、AIは確実に、誰にとっても有益な変化をもたらすことができるようになるのです。

このトピックに関する最新情報をお見逃しなく

無料アカウントを作成し、パーソナライズされたコンテンツコレクション(最新の出版物や分析が掲載)にアクセスしてください。

会員登録(無料)

ライセンスと転載

世界経済フォーラムの記事は、Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public Licenseに基づき、利用規約に従って転載することができます。

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

関連トピック:
仕事とスキルAIとロボティクス新興テクノロジー
シェアする:
World Economic Forum logo
グローバル・アジェンダ

アジェンダ ウィークリー

グローバル・アジェンダとなる、重要な課題のウィークリー・アップデート

今すぐ登録する

メールに記載されているリンクを使って、いつでも配信を停止することができます。 詳しくはこちらをご覧下さい。 プライバシー・ポリシー.

未来思考:世代を超えた意思決定のための心の整え方

Ewa Lombard

2024年3月21日

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム