グローバルな協力体制

信頼による失敗からの躍進 - 日本の新たな可能性

日本で起業家精神を高めるためには「意識・風土・風潮」の変革が必要です。 Image: Unsplash/Jezael Melgoza

Kiriko Honda
Interim Chief Representative Officer, Japan, World Economic Forum
シェアする:
A hand holding a looking glass by a lake
クラウドソース・イノベーション
参加する クラウドソーシングのデジタルプラットフォームで、スケール感のあるインパクトを提供します。
最新の情報をお届けします:

グローバルな協力体制

本稿は、以下会合の一部です。世界経済フォーラム年次総会
  • 潜在能力を最大限に引き出し、日本におけるイノベーションを加速させるためには、失敗をタブー視する風潮を根本的に変える必要があります。
  • 失敗を恐れる風潮は、日本の起業も妨げています。政府によるスタートアップへの投資が進む一方、資金調達やユニコーンの数という点でいまだ課題が残されています。
  • 日本には、イノベーションのための新たなエコシステムを構築し、失敗や学びを成長と繁栄の機会に変えるチャンスがあります。

2023年4月、世界は日本の宇宙探査の重要な瞬間を目撃しました。日本のスタートアップであるispaceが、日本の企業として初めて月面に探査機を着陸させるというミッションに挑んだのです。

最終的にミッションは失敗に終わりましたが、ispaceの代表取締役CEOである袴田武史氏の対応は型破りで新鮮でした。同氏は、失敗を悔やむのではなく、貴重なデータを得たという成果を強調し、失敗を今後のミッションに向けた重要な一歩と位置づけました。失敗がタブー視される社会にあって、このような稀有な失敗観は変革の道標となるものです。

日本の失敗文化

日本は昔から失敗を嫌う社会として知られており、それは教育からキャリア追求に至るまで、人生の様々な段階で現れます。失敗を避け、常に正しい答えを出すことを重視視する文化が深く根付いているのです。

その結果、挫折を経験した人たちに対して寛容でない社会が生まれ、個人が立ち直り、改善することが困難になることも少なくありません。このような環境では、失敗は単なる障害にとどまらず、さらなる挫折を招く要因になり、進歩やイノベーションを押しとどめます。

失敗を恐れる風潮は、日本の起業も妨げています。ベンチャーエンタープライズセンターが行ったベンチャー企業へのアンケート調査によると、日本で起業家精神を高めるために必要なこととして最も多く挙げられているのが、「意識・風土・風潮」の変革。終身雇用や年功序列といった根強い慣習が、リスクテイクや失敗からの学びを奨励する文化の醸成を阻み、日本の国際競争力を妨げているのです。

イノベーションの緊急性

グローバル・イノベーション・インデックス(GII)2023」では、日本は世界で13番目に革新的な経済大国と評価されました。これは称賛に値する順位ですが、この順位を維持・向上させるには、失敗に対する社会の姿勢を根本的に変える必要があります。失敗を抑止力としてではなく、成長とイノベーションの触媒として受け入れることは、日本がその潜在能力を最大限に引き出し、ダイナミックなグローバル・イノベーションのランドスケープで効果的に競争するために極めて重要です。

変革の必要性を認識した日本政府は、2022年11月に「スタートアップ育成5か年計画」を開始しました。この計画は、2027年までにスタートアップに10兆円(約6.7億米ドル)を投資し、100社のユニコーン企業と10万社のスタートアップを創出し、日本をアジア有数のスタートアップ・ハブにするという包括的な目標を掲げています。こうした進展が見られる一方で、資金調達やユニコーンの数という点では課題が残っており、日本は現在、米国や英国に遅れをとっています。

変革への危機感は日本企業も同じです。日本で最も影響力のある経済団体のひとつである経団連は、日本の持続可能な経済成長を確保するために、デジタルトランスフォーメーションとグリーントランスフォーメーションを実施するためのイノベーションを加速させる方法として、スタートアップのエコシステム強化の重要性を認めています。Nikkei Asiaよると、未上場のスタートアップ企業13社がユニコーンに近づいており、これはこれまでで最も多い数となっている一方、ユニコーンになった企業はまだ一桁。アメリカ、中国、インドに遠く及ばない状況です。

この国には、イノベーションのための新たなエコシステムを構築し、失敗や学びを成長と繁栄の機会に変えるチャンスがあります。

世界経済フォーラム日本代表代理兼ビジネスエンゲージメント日本代表、本田希里子

そんな中、日本のイノベーションが世界の舞台で輝いた例もあります。2023年12月、サンフランシスコで開催された「スタートアップ・ワールドカップ」で、AI(人工知能)によるインフルエンザ診断に特化したアイリスが優勝。この優勝は、日本のスタートアップの可能性を示しただけでなく、スタートアップが国際的に活躍するための支援環境の重要性を浮き彫りにしました。さらに、TBMTier IVの2つの日本企業が、最近、世界経済フォーラムのユニコーン・コミュニティに加わりました。

信頼がもたらす新たな機会

マリアナ・マズカートが、『Mission Economy: A Moonshot Guide to Changing Capitalism(資本主義を変えるムーンショットガイド)』で主張しているように、イノベーションはビジネスだけのものではありません。 重要なのは、イノベーションを社会的な目標に応用し、NASAの月探査計画のように、政府の政策(予算を含む)を構造化し、大学や市民社会をより明確に動員し、長期的に関与させることで、イノベーションのための新たなエコシステムを構築し、失敗や学びを成長と繁栄の機会に変えることです。 このような課題に取り組むためには、官民、そして社会のその他のステークホルダーの間で、信頼に基づく協調と協力を確立することが極めて重要です。価値配分を支配するメカニズムを変革するためには、大規模な集団的努力が必要なのです。

イノベーションには失敗がつきものであり、失敗こそが次の成功の源泉です。

日本は、特にイノベーションの分野において極めて重要な岐路に立たされています。失敗に対する社会的姿勢を変革し、リスクテイクと適応を奨励する文化を培うことができるかどうかが、グローバルな舞台での将来の成功を左右するでしょう。

この国には、イノベーションのための新たなエコシステムを構築し、失敗や学びを成長と繁栄の機会に変えるチャンスがあります。そのためには、官民や社会のその他のマルチステークホルダー間で、信頼に基づく協調と協力を確立することが極めて重要です。

第一に、社会的課題への取り組みに必要なイノベーションを支援するために、政府の政策(予算を含む)を構造化する必要があります。 第二に、価値配分を統治するメカニズムの変革に向けて、大規模な共同の取り組みが必要です。そして、第三に、NASAの月面探査計画のように、大学や市民社会による長期的な参加が求められます。

挫折から学び、イノベーションを支援する環境を育成し、個人や企業が失敗から立ち直る道を提供することで、日本は潜在能力を最大限に引き出し、世界のイノベーションの舞台で重要な力を持つ地位を確保することができます。

このトピックに関する最新情報をお見逃しなく

無料アカウントを作成し、パーソナライズされたコンテンツコレクション(最新の出版物や分析が掲載)にアクセスしてください。

会員登録(無料)

ライセンスと転載

世界経済フォーラムの記事は、Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public Licenseに基づき、利用規約に従って転載することができます。

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

関連トピック:
グローバルな協力体制Davos Agenda
シェアする:
World Economic Forum logo
グローバル・アジェンダ

アジェンダ ウィークリー

グローバル・アジェンダとなる、重要な課題のウィークリー・アップデート

今すぐ登録する

メールに記載されているリンクを使って、いつでも配信を停止することができます。 詳しくはこちらをご覧下さい。 プライバシー・ポリシー.

カンボジアに学ぶ - 開放性を旗印に後発開発途上国から脱却する方法

Cham Nimul and Ratnakar Adhikari

2024年2月14日

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム