Davos Agenda

人口減少地域におけるサーキュラーエコノミーの可能性

さまざまな取り組みとサーキュラーエコノミーが、日本の地方を活性化させる。

さまざまな取り組みとサーキュラーエコノミーが、日本の地方を活性化させる。 Image: Unsplash/Nguyen TP Hai

Makiko Eda
Consultant, World Economic Forum Tokyo
シェアする:
大きな絵
調さしモニターする サーキュラー・エコノミー は、経済、産業、グローバルな問題に影響を与えています。
A hand holding a looking glass by a lake
クラウドソース・イノベーション
参加する クラウドソーシングのデジタルプラットフォームで、スケール感のあるインパクトを提供します。
最新の情報をお届けします:

Davos Agenda

江田麻季子、世界経済フォーラム日本代表

このトピックに関する最新情報をお見逃しなく

無料アカウントを作成し、パーソナライズされたコンテンツコレクション(最新の出版物や分析が掲載)にアクセスしてください。

会員登録(無料)

ライセンスと転載

世界経済フォーラムの記事は、Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public Licenseに基づき、利用規約に従って転載することができます。

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

関連トピック:
Davos Agenda気候と自然サーキュラー・エコノミー日本
シェアする:
World Economic Forum logo
グローバル・アジェンダ

アジェンダ ウィークリー

グローバル・アジェンダとなる、重要な課題のウィークリー・アップデート

今すぐ登録する

メールに記載されているリンクを使って、いつでも配信を停止することができます。 詳しくはこちらをご覧下さい。 プライバシー・ポリシー.

喫緊の課題、水危機をパートナーシップの力で解決へ

Gim Huay Neo and Saroj Kumar Jha

2023年11月21日

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2023 世界経済フォーラム