食料と水

オーストラリア第二の都市で自給自足&ゼロウェイストを実現する住宅「Future Food System」

オーストラリア第二の都市で自給自足&ゼロウェイストを実現する住宅「Future Food System」

オーストラリア第二の都市で自給自足&ゼロウェイストを実現する住宅「Future Food System」 Image: Unsplash/Jakub Kapusnak

IDEAS FOR GOOD
シェアする:
インパクト
世界経済フォーラムは、{Topic}}に関する行動を加速させるために何をしているのか
大きな絵
調さしモニターする 食の未来 は、経済、産業、グローバルな問題に影響を与えています。
A hand holding a looking glass by a lake
クラウドソース・イノベーション
参加する クラウドソーシングのデジタルプラットフォームで、スケール感のあるインパクトを提供します。
最新の情報をお届けします:

食の未来

自給自足生活と聞くと、「田舎暮らし」を想像する人が多いのではないだろうか。

そんな「自給自足生活」かつごみを出さない「廃棄物ゼロ生活」を可能にする住宅が、オーストラリア第二の都市として知られるメルボルンの中心地に建設された。オーストラリアのフラワーアーティストであり、建築家、環境活動家の、ヨースト・バッカー氏によって手がけられたこの住宅は、10ヶ月間という期間限定のプロジェクトとして一般に公開された。(現在は公開を終了している。)

Image: Future Food System

Future Food System(フューチャー・フード・システム)と呼ばれるこの建物のテーマは「循環」。3階建てで、2つの寝室と1つの浴室があるこの住宅は、87平方メートルの限られた敷地内で、住まいを提供し、食料を生産し、エネルギーを生成する。自然界のサイクルとプロセスを模倣した設計が印象的だ。

建築材料となる木材は地元で自然伐採されたものを使用し、壁は有機栽培の藁を圧縮して作られ、天然の石灰で塗装されている。化学物質や毒物、接着剤などは一切使われていない。タイルはリサイクルされたコンクリートから作られ、再びリサイクルすることができる。

2階・3階のベランダ部分には、35トンもの土が積まれ、菜園用の巨大なプランターがいくつも並べられた。土の重さはコンクリートに替わる住宅の基礎となり、一石二鳥の役割を果たしている。敷地内には、植物、昆虫、カタツムリ、魚、ムール貝、甲殻類、ニワトリなど、全部で200種類以上の生物が暮らしている。生ごみや排泄物などの有機廃棄物は、バイオダイジェスター(※1)に投入され、発酵して調理用のガスや農産物の肥料となる。雨水は採取して植物への水やりやアクアポニックスシステム(※2)に利用し、敷地内の魚から出る廃棄物で植物を育てる。

また、バスルームの隣にはキノコの壁が設置された。シャワーの蒸気が壁を通り抜け、菌糸が繁殖しやすい湿度の高い環境を生み出している。そして、キノコが二酸化炭素を発生させ、隣接する吹き抜けに住む緑に栄養を与える。まるで生態系の中で生活しているようだ。

家のあらゆる機能が無駄をなくし、副産物を有効活用する仕組みになっている。

Image: Future Food System

プロジェクト期間中は実際に2人のシェフが滞在し、敷地内で栽培された食材のみを使った食事体験や見学ツアーが提供された。

バッカー氏は、「私たち人間は廃棄物を発生させる唯一の種。自然界には無駄がなく、すべてが他の種の食料となる。循環型経済に移行すれば、原生林や森林の破壊を食い止めることができる。都市部での持続可能性と自給自足を促進するきっかけにしたい」と話す。

はじめから完璧を求めるのは難しい。自分の生活スタイルの中で無理なくできることから始めていくと、それが自分のメリットにもなり、それが結果としてサステナビリティにも繋がる。このプロジェクトはそのための選択肢を提示してくれたように思う。都市部でのサステナブルな暮らしを可能にする、食料・エネルギーを生産する次世代の住宅が、今後は本格的に求められてくるのではないだろうか。

※1 家畜の糞尿や生ごみなどを嫌気性状態(無酸素状態)において発酵させ、メタンガスを発生させる装置。その過程で発生するバイオガスをエネルギー源・熱源として使う。
※2 水耕栽培と養殖を掛け合わせた次世代の循環型農業。魚の排泄物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化された水が再び水槽へと戻る循環システム。

このトピックに関する最新情報をお見逃しなく

無料アカウントを作成し、パーソナライズされたコンテンツコレクション(最新の出版物や分析が掲載)にアクセスしてください。

会員登録(無料)

ライセンスと転載

世界経済フォーラムの記事は、Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public Licenseに基づき、利用規約に従って転載することができます。

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

関連トピック:
食料と水 産業の深層深層地理学
シェアする:
World Economic Forum logo
グローバル・アジェンダ

アジェンダ ウィークリー

グローバル・アジェンダとなる、重要な課題のウィークリー・アップデート

今すぐ登録する

メールに記載されているリンクを使って、いつでも配信を停止することができます。 詳しくはこちらをご覧下さい。 プライバシー・ポリシー.

アフリカの深層地下水、干ばつに対するレジリエンスが劇変する可能性

Bradley Hiller, Jude Cobbing and Andrew Harper

2024年5月20日

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム