COP 27

干ばつから氷河の消失まで:アフリカの気候の現状を考える

2030年までに、水ストレスの増加により、アフリカでは7億人が避難を余儀なくされると予測されています。 Image: REUTERS/Alkis Konstantinidis

Claire Ransom

Assistant Scientific Officer, World Meteorological Organization (WMO)

Share:

The Big Picture
Explore and monitor how アフリカ is affecting economies, industries and global issues
Crowdsource Innovation
Get involved with our crowdsourced digital platform to deliver impact at scale

Stay up to date:

COP 27

1973年1月から2018年5月までのアフリカのチャド湖の水位低下
1973年1月から2018年5月までのアフリカのチャド湖の水位低下 Image: 米国地質調査所のランドサット画像をもとに国連大学水・環境・保健研究所(UNU-INWEH)が作成。

Don't miss any update on this topic

Create a free account and access your personalized content collection with our latest publications and analyses.

License and Republishing

World Economic Forum articles may be republished in accordance with the Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public License, and in accordance with our Terms of Use.

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

Related topics:

COP 27アフリカ気候変動

Share:

Global Agenda

The Agenda Weekly

A weekly update of the most important issues driving the global agenda

Subscribe today

You can unsubscribe at any time using the link in our emails. For more details, review our privacy policy.

ネットゼロへの移行に透明性の向上が必要な理由

Harsh Vijay Singh and Olivia Zeydler

2022年11月23日

1:13:42

メルマガの登録

グローバル・アジェンダのウィークリー・アップデート

© 2022 World Economic Forum

プライバシーポリシーと利用規約