持続可能な開発目標4: 質の高い教育

裕福な国の子どもたちが開発途上国の子どもたちに比べ、将来を楽観視しない理由とは

年齢が1歳上がるごとに「世界はより良い場所になっている」と答える割合が1%低くなることが調査で明らかになりました. Image: Unsplash/ Nikhita S

Emma Charlton

Senior Writer, Formative Content

Share:

The Big Picture
Explore and monitor how 持続可能な開発目標4: 質の高い教育 is affecting economies, industries and global issues
Crowdsource Innovation
Get involved with our crowdsourced digital platform to deliver impact at scale

Stay up to date:

持続可能な開発目標4: 質の高い教育

高所得国と低所得国との間で、経済に対する見方に違いがあることがわかります。 Image: UNICEF/GALLUP report
開発途上国の若者は、裕福な国の若者よりも楽観的な見方をしています。 Image: UNICEF/GALLUP report
若者は年上世代に比べ、将来に対して楽観的に捉える傾向が見られました。 Image: UNICEF/GALLUP report

License and Republishing

World Economic Forum articles may be republished in accordance with the Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public License, and in accordance with our Terms of Use.

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

Related topics:

持続可能な開発目標4: 質の高い教育ジェンダーパリティ(ジェンダー公正)

Share:

Global Agenda

The Agenda Weekly

A weekly update of the most important issues driving the global agenda

Subscribe

You can unsubscribe at any time using the link in our emails. For more details, review our privacy policy.

拡大する若者のスキル格差を解消するには

メルマガの登録

グローバル・アジェンダのウィークリー・アップデート

© 2022 World Economic Forum

プライバシーポリシーと利用規約