• デジタル化により生まれる膨大な量のデータは、効果的に活用されれば、ビジネス、人類のウェルビーイング(幸福)、そして環境にチャンスをもたらします。
  • 新しいビジネスモデルとテクノロジーにより、組織は個人の権限とプライバシーを守りながら最高の価値を生み出すためにデータを活用できるようになります。
  • 世界経済フォーラムの報告書は、データビジネスの新しいパラダイムを促進し、精緻化するイノベーションについて強調しています。

新型コロナウイルスの感染拡大は、二重の危機を世界にもたらしました。私たちは今、今世紀最大のグローバルヘルスへの打撃を受けると同時に、最大の経済ショックに直面しています。

これらの危機とともに訪れたのは、二つの重大な分岐点です。ひとつは、学校、仕事、健康、そして、家族や友人との連絡といったあらゆる場面で、私たちがデジタル技術の深い価値を実感したこと。二つ目は、おそらく達成が極めて困難と考えられている変化に対する意欲が、大幅に高まったことです。より公平かつレジリエントで、豊かな未来の構築を目指し、私たちが世界経済の基盤のリセットを急ぐ中、これらの二つの相互に関連した変数が作用し始めています。

ビジネスにおけるテクノロジーの活用は、経済および社会システムを再定義する上で重要な役割を担います。デジタル化により生まれる膨大な量のデータは、ビジネス、人間のウェルビーイング(幸福)、そして環境のための豊かな可能性をもたらします。

「新しい生産要素」としてのデータ

4月、中国政府は、データが、ビジネスモデル、産業の境界、市場構造を変化させている状況を鑑み、当局がデータを「新たな生産要素」として認識していることを公表しました。コミュニティ、個人、集団、複雑な自然の生態系、産業のバリューチェーンおよび材料を、より緻密にデータ主導で理解し、賢く活用するなら、ウェルビーイング(幸福)の新しい可能性を切り開いていくことができるでしょう。しかし、扱いが不適切であれば、データや分析により不平等が悪化する可能性もあります。前者は私たちが想像もできないメリットを、後者は私たちの想像通りの害悪をもたらします。

世界中のあらゆる規模の企業の未来は、データの効果的な活用にかかっています。しかし、多くの企業は、まずそのようなデータの効果的な活用における成熟度が低く、実践的な理解も不足していると感じています。データは価値の源ですが、企業の存続にかかわる風評リスク、責任、規制上の制約、企業秘密の源でもあります。さらに、価値と責任は、しばしば対極にあるものとみなされます。これらの課題は、イノベーションを妨げ、データ駆動型のイノベーションの実現を先送りにします。

しかし、今、あらゆる分野や地域の企業が推進する、ビジネスモデルおよび技術力におけるイノベーションの新しい波が、このパラダイムを変えようとしています。

A breakthrough moment for the business of data
データビジネスの飛躍的進歩の瞬間
イメージ: World Economic Forum

新たなチャンス

データ分析の従来の活用方法は、効率性の向上とより良い事後の意思決定に重点を置いていました。新しい方法は、最高の価値を生み出すためにデータを活用することです。新しいユースケースは、複数のソースからのデータを高頻度で利用し、複数の組織のための価値を生み出します。さらにそこには、エンドユーザーとパートナー双方の利益が組み込まれています。このデータ駆動型の価値創造には、新たな価値プール、新しいビジネスモデル、ステークホルダーのより豊かな体験、より良い意思決定という4つの新しい基本形があります。

There are four emerging archetypes of this data-driven value creation: new value pools, new business models, richer stakeholder experiences and better decisions.
このデータ駆動型の価値創造には、新しい価値プール、新しいビジネスモデル、ステークホルダーのより豊かな体験、より良い意思決定という4つの新しい基本形があります。
イメージ: World Economic Forum

例えば、ジョンソン・エンド・ジョンソン、アストラゼネカ、グラクソ・スミスクラインなどの製薬会社10社から成るコンソーシアムであるThe Machine Learning Ledger Orchestration for Drug Discovery (MELLODDY)は、機械学習アルゴリズムのトレーニング用データをプールし、新しい抗生物質の開発を支援しています。

ブロックチェーンと連合学習を活用すれば、個々の企業のサーバーにデータを残しつつ、トレーサビリティを確保することが可能になるため、商業上の機密情報を保護することができます。MELLODYは、AI(人工知能)モデルがデータ共有のイネーブラー(実現)とレシピエント(受領)の双方を担うことになる、製薬業界におけるコラボレーションの初めての例として、コストを削減しながら、創薬、開発、市場投入のタイムスケールを加速させています。そして、ビジネスと社会のための分散型価値、共有価値の創造に向けた商業的パートナーシップの先例ともなっています。

新しい能力とテクノロジー

今、企業に新たな選択肢をもたらすテクノロジーの新しい波がやってきています。これにより、組織は基盤となる生のデータを公開することなく、洞察を得ることができるようになります。政府が求める保証を提供することで、これらのテクノロジーの採用は政府への規制圧力を軽減させます。

例えば、ポインツでは、データを使用可能にしながらも、複数の関係者にはそのデータが見えないようにするために、機密性の高いコンピューティング・フレームワークを用いています。支払いサービス提供者は、銀行が信用スコアリングおよびマーケティングモデルをポインツのデータに向けるようポインツを活用しており、彼らが受け取るのは決済後のデータです。

デュアリティ・テクノロジーズは、ダナ・ファーバー癌研究所およびハーバード大学医学大学院と連携し、通常は厳格なプライバシー保護の対象となる機密性の高いゲノム医療データの共有、および分析における障壁を取り除くシステムを活用しています。そして、新型コロナウイルス感染拡大への対応や個別化医療の開発などを含む、複雑な疾患の分析に対する支援を行っています。

データビジネスの新しいパラダイム

これらのイノベーションは、人間中心の新たなビジネス手法とともに、ビジネスの課題への対処以上のことを実現します。ステークホルダーの能力を高め、個々の権限やプライバシーも保護します。これらの新しい能力を、すべてのステークホルダーの利益を守るため活用すれば、すべての関係者にメリットをもたらす持続可能な市場、収益、体験、洞察の生成における新しい可能性が切り開くことができます。

このようなモデルと実践でリーダーシップを発揮する企業は、新しい機会を創出するだけではなく、顧客との信頼関係を確立し、持続可能な価値を構築することができます。新しいパートナーシップにより、核となる部分を守りながら補完的な強みを活かすことができるようになり、政府も消費者を保護するという目標のため積極的に支援を受けられるようになります。

これらの新しい機会と刺激がもたらすものは、パラダイムシフトです。企業は持続可能な新しいサービスと収益の流れを生み出しながら、責任を持ってデータを活用できるようになります。このような新しいコラボレーションとパートナーシップは、従来の産業のバリューチェーンの制約を受けないため、既に分野を超えたパートナーシップが従来の価値プールを侵食し、未来の産業を形作ろうとしています。

協調的なエコシステム、そして、信頼できるデータスチュワードシップを基盤とし、ビジネスの成功とすべての人にとってのより良い結果を両立させる新しいモデルは、既に現れ始めています。世界経済フォーラムは、このパラダイムを促進し、精緻化する最新のイノベーションに焦点をあてた報告書を発表しています。