• 2019年にリリースされた5Gネットワークは、2020年には急速に普及すると考えられています
  • 5Gは、あらゆる人・モノを繋ぎます
  • そして、遠隔手術や自動運転車を実現し、見たい映画を数秒でダウンロードできるようになります

意義深い、あるいはユニークなアイデアを表すはずの言葉が、使われすぎているために矮小化されてしまう。私たちはそのような時代に生きています。「革命的」も、そのような多用されすぎた言葉のひとつです。本来は「世界に大きな変化をもたらす」ことを意味する言葉が無意味なものになってしまった例で、誇張マーケティングの犠牲者と言えるでしょう。あらゆるものが「革命的」であるなら、本当の革命は起こり得なくなります。

それでも、5G、そして新世代のワイヤレステクノロジーが世界を変える無限の方法を総合的に表すのに、私は「革命」以外の言葉を思いつくことができません。実は、革命はすでに始まっているのです。5Gネットワークの世界展開は2019年にスタートし、1年前に予想した以上のスピードで急速に広がっています。しかし、5Gに対する一般の理解は、まだ追いついていないのが実状です。

3Gはモバイルインターネット、4Gはモバイルブロードバンドを一般に普及させ、私たちが世界と関わる方法を再定義しましたが、5Gの特徴は、あらゆる人とモノを繋ぐことでしょう。5Gに搭載されるテクノロジーは、ネットワーク容量を大幅に拡張する設計が続けられており、自動車、電力網、電化製品、医療機器、産業機械、家庭、都市、農場など、あらゆるものを接続することを目指しています。5Gは遅延を減らし、信頼性を向上させることで、遠隔手術、自動運転車、公共の安全性向上といった、ミッションクリティカルな(業務の遂行やサービスに必要不可欠であり、障害や誤作動などが許されない)タスクを実現するだけでなく、映画全編を数秒でダウンロードできるほど超高速で安全な接続を可能にします。

5G adoption will increase rapidly in the coming years
今後急速な普及が予想される5G

初期の5Gネットワークですでに使用されている高速スマートフォンや、いつでもネットに繋がり、瞬時に起動し、1週間のバッテリー駆動時間を提供する「Always Connected PC」は、今後の変革を予兆するヒントに過ぎません。3Gや4Gテクノロジーは、世界に人々の手が届くよう作られたものですが、5Gはその伸ばした手を引っ込めるような設計が続けられています。産業界や日常生活では、すでに5Gによるさまざまな変化が見え始めています。

  • 工場や産業施設向けの民間ネットワーク:これには、製品の品質向上、生産性の向上、コストの削減、および現場の安全性の向上を目的とした、多くのデバイス、センサ、アプリケーション、およびモバイル接続を備えた5G対応のモノのインターネット(IoT)が含まれます。この新しい接続環境には、距離や物理的な複雑さによってワイヤレス接続が妨げられるような、都市部から離れた立地の工場や施設も含まれます。
  • 農業:バッテリー寿命を損なうことなく、接続性を拡大し、加速させるという5Gの特性は、特に農業従事者にとってメリットが多く、獣医の遠隔診療、作物保護、肥料投入量の削減、節水用スマート灌漑システムなど、すでにさまざまな分野で改善が見られます。また、都市と地方のブロードバンドインターネット接続における格差、つまり地理的な情報格差(デジタル・ディバイド)に対する新たな解決策を提供することも5Gに期待されることのひとつです。
  • サステナビリティ:エネルギーと水の効率的な利用を目指した5Gの導入が進められている一方で、都市部では5Gを使用した大気と水質のリアルタイムな監視システムに向けた準備が始まっています。さらに、交通渋滞を緩和し、安全性を向上させながら、排気ガス削減を実現するコネクテッドカーテクノロジーの設計も進行しています。
  • AI(人工知能)のデバイス搭載:たとえば、AIと5Gを組み合わせることで、ウェアラブル医療機器とスマートフォンを連携させ、素早く、かつスマートにウェアラブル機器で検出された健康上の問題を特定し、医師にアラートを送ることができます。
  • Extended Reality(XR):強力な演算能力を備え、遅延を最小限に抑える5Gテクノロジーは、XRのビデオ帯域幅を大幅に拡大し、現実世界と仮想世界のギャップを埋めます。この恩恵を受けることが期待されるのは、教育、医療、小売、観光、製造などの分野ですが、これらの分野にとどまることはありません。

ここで挙げた例は、5Gがこれから実現するであろうことの一部に過ぎません。私がこの記事を書いてから、皆さんが読むまでの間にも、新しい使用事例が発表されることは間違いないでしょう。すでにあるイノベーションに加えて、このイノベーションは、5Gの後継テクノロジーが登場すると予想される10年後まで続く可能性があります。

ほとんどの人が3Gや4Gに関して忘れていること、あるいは当時、幼くて覚えていないことですが、こうしたテクノロジーから、どのような新しいビジネスモデルや業界が生まれるのか、私たちにはまったく見当もつきませんでした。たとえば、スマートフォンを利用した配車サービス、映画やライブイベントのストリーミング配信などは、今では当たり前のことになっています。潜在的な5Gの使用事例は無限であり、限界があるとすれば、少なくとも人間のイノベーションのフロンティアと同じぐらいだ、と私が言うのは、そのためです。

ここで、私だけでなく、誰もが考える疑問があります。4Gがウーバー(Uber)、ワッツアップ(WhatsApp)、ウェイズ(Waze)を生み出したのなら、5GではX、未知な物事、が登場し、Xを解決するのでしょうか。