労働力と雇用

障がいを持つ人びとの雇用で企業が得るものとは

可視的なもの、そうではないものを含め、何らかの障がいを持って暮らしている就業年齢期の人は、米国だけで1,510万人に上る。 Image: Christina Morillo

Chad Jerdee

General Counsel & Chief Compliance Officer, Accenture

Share:

The Big Picture
Explore and monitor how 労働力と雇用 is affecting economies, industries and global issues
Crowdsource Innovation
Get involved with our crowdsourced digital platform to deliver impact at scale

Stay up to date:

労働力と雇用

平等を求めて:障がい者インクルージョンの利点 Image: 労働統計局のデータにもとづくアクセンチュアの分析(2018年7月)
平等を求めて:障がい者インクルージョンの利点

License and Republishing

World Economic Forum articles may be republished in accordance with the Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public License, and in accordance with our Terms of Use.

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

Related topics:

労働力と雇用価値

Share:

Global Agenda

The Agenda Weekly

A weekly update of the most important issues driving the global agenda

Subscribe

You can unsubscribe at any time using the link in our emails. For more details, review our privacy policy.

管理職は必要?若年層が働きやすく、メンタルヘルスに効果的な職場環境とは

メルマガの登録

グローバル・アジェンダのウィークリー・アップデート

© 2022 World Economic Forum

プライバシーポリシーと利用規約