ダボスで開催される世界経済フォーラム第50回年次総会:ステークホルダー資本主義を定義する

発行済み
2019年10月17日
2019
シェア

世界経済フォーラム パブリック・エンゲージメント・リード 栃林直子
Tel.: 03-5771-0067 Naoko.Tochibayashi@weforum.org

  • 2020年1月21日〜24日、スイスのダボスで開催される世界経済フォーラム年次総会は、当フォーラ ムの創立 50年を記念する会合となります。
  • 年次総会のテーマは、当フォーラム創設の指針でもある「ステークホルダー資本主義」。新時代において企業が新たな目標と重要業績評価指標を設定していくための方法を議論します。
  • 年次総会はまた、気候変動と有意義な経済成長に関して、世界全体の進捗状況と改善の方向性のため、政府と国際組織が利用できる測定基準をハイライトします。
  • 詳細については www.weforum.org をご覧ください。

2019年10月17日、スイス、ジュネーブ - 世界経済フォーラムは本日、スイスのダボスで2020年1月21日〜24日に開催される、第50回年次総会のテーマと詳細を発表。今回の年次総会のテーマ「ステークホルダーがつくる、 持続可能で結束した世界」のもと、世界各地から3000人の参加者が一堂に会する予定です。今回の総会の目的は「ステークホルダー資本主義」の概念に具体的な意味を持たせること、パリ協定と持続可能な開発目標 (SDGs)に向けた進捗状況を監視している各国政府と国際機関に支援を提供すること、そして、テクノロジーと貿易管理に関する議論を促進することです。

「人々は、経済的な『エリート』たちに裏切られたと考え、それに対する抗議運動を起こしています。また、地球温暖化を1.5°C以内に抑えるという私たちの取り組みは、危険と言ってもよいぐらいに不充分です」と世界経済フォーラムの創設者・会長のクラウス・シュワブは述べています。「世界がこのような重大な岐路に立たされている今、私たちは『ダボス・マニフェスト2020』を作成し、企業や政府の目標や採点表を再考する必要があります。それは世界経済フォーラムの50年前の創立目的でもあり、これからの50年にわたって私たちが貢献したい点でもあります」。

年次総会プログラムでは、以下の6つの重要な側面が優先事項となります:

  • エコロジー:気候変動のリスクに対処し、生物多様性を守る対策を林床や海底まで行き渡るように実施するため、いかにして企業を動かすか。
  • 経済:長期債務の負担を取り除き、インクルージョンの水準をより上げられるようなペースで経済を機能させていくにはどうしたらよいのか。
  • テクノロジー:第四次産業革命のテクノロジー展開について全世界的なコンセンサスを形成し、かつ「テクノロジー戦争」を回避するにはどうしたらよいのか。
  • 社会:これからの10年間で10億人の人々にスキルを再習得させ、向上させるにはどうしたらよいのか。
  • 地政学:世界各地の紛争解決のために、「ダボス精神」で橋をかけていくにはどうしたらよいのか。非公式会合で和解を促進していく。
  • 産業:第四次産業革命で事業を推進していくためのモデル構築において企業を支援するにはどうしたらよいのか。政治的緊張に晒され、飛躍的なテクノロジーの変化やすべてのステークホルダーからの増大する期待に動かされる世界で、どのように企業のかじ取りを行っていくのか。

世界経済フォーラムとステークホルダー資本主義

1971年に開催された当フォーラムの初会合は、企業は顧客、従業員、地域社会そして株主などあらゆる利害関係者の役に立つ存在であるべきだとする、クラウス・シュワブが提唱した理念を展開する目的で設定されました。当フォーラムのその後の事業を方向付ける文書となった1973年の「ダボス・マニフェスト」において、この考え方が再確認されたのです。大幅に刷新される今年の年次総会では、当フォーラムのインターナショナル・ビジネス評議会の現会長であるバンク・オブ・アメリカのブライアン・モイニハン最高経営責任者 (CEO)によって不偏的な「ESG採点表」が発表される予定です。

年次総会の持続可能性をさらに高める

2020年年次総会は、過去に開催された国際サミットの中でも、最も持続可能性が高い会合となります。会合関連の二酸化炭素排出の削減、計算、オフセットによってフォーラムの年次会合は完全にカーボンニュートラルとなります。また、2019 年には持続可能なイベントの認証である国際標準化機構の国際基準ISO20121認証を獲得。地元の食材供給者の利用、食肉の消費量削減に向けたタンパク質代替品の導入、100%再生可能電気の調達、絨毯などリサイクルやリユースが困難な材料の使用削減・撤廃、そして電気自動車の採用拡大などの対策によってこの目的が達成されました。

<参考>

世界経済フォーラムのインパクトの詳細を知る:http://wef.ch/impact
ウェブでセッションの生中継を見て会合に関する情報を得る:http://wef.ch/am20
ウェブサイトでセッションをフォローし、埋め込むには: http://wef.ch/howtofollow
イベントの一番良い写真を見る:http://wef.ch/pix
フォーラムのアジェンダを読む:http://wef.ch/agenda
フェイスブック:http://wef.ch/facebook
フォーラムの動画を見る: http://wef.ch/video
ツイッター: @wef@davos, #wef19 のハッシュタグで会話に参加する
インスタグラム:http://wef.ch/instagram
リンクドイン:http://wef.ch/linkedin
最新情報の配信登録:http://wef.ch/news

すべての意見は、著者によるものです。世界経済フォーラムは、独立かつ中立なプラットホームとして、​グーロバル、地域、産業のアジェンダを形成する話題に関わる議論の場を提供しています。