Sustainable Development

水に溶けてごみを無くすピールオフボトルの正体は?

飲んだらむいて、さようなら。水に溶けてごみを無くすピールオフボトル

飲んだらむいて、さようなら。水に溶けてごみを無くすピールオフボトル Image: Unsplash/Ameer Basheer

IDEAS FOR GOOD
シェアする:
インパクト
世界経済フォーラムは、{Topic}}に関する行動を加速させるために何をしているのか
大きな絵
調さしモニターする イノベーション は、経済、産業、グローバルな問題に影響を与えています。
A hand holding a looking glass by a lake
クラウドソース・イノベーション
参加する クラウドソーシングのデジタルプラットフォームで、スケール感のあるインパクトを提供します。
最新の情報をお届けします:

イノベーション

コンポストでは、微生物が生ごみを分解する。私たち人間もごみの分解に関われたら、面白そうだ。

スウェーデンのデザインスタジオTomorrow Machineと、ドイツ・フランスで誕生したヨーロッパ最大のフルーツ飲料メーカーEckes-Graniniは、ジュースを飲み終わったあと、果物の皮のように手でむけるボトルを作っている。

私たちもごみの分解を促進できることが、分かりやすく可視化されたデザインだ。

Image: Tomorrow Machine
Image: Tomorrow Machine

ボトルは、「GoneShells」という生分解性の素材でできている。透明で柔らかい素材の正体はじゃがいもだ。ボトルをむき終わったら、それを食べたり、堆肥化したり、水に溶かしたりできる。ごみを減らすことが、少し楽しくなりそうだ。

ボトルは、野菜や果物といった自然のものが、皮で身を守っていることに着想を得て作られたという。食品パッケージを作る際に、実際の食品から学んでいる点が面白い。

水に溶けるボトルにジュースを入れられることを、不思議に感じる人もいるだろう。Tomorrow Machineによると、ボトルの外側と内側に特殊なコーティングを施しているため、ボトルをむくなどしない限り分解は起きないという。

2023年2月時点で、ボトルはまだ開発段階にあり、その寿命について分からない部分はあるが、ペットボトルと同じように中のジュースを守れると考えられている。ボトルが溶けて、机がジュースまみれになることはなさそうなので安心だ。

約10年前から、食べられるパッケージを開発してきたTomorrow Machine。プロトタイプを作っても、素材のコストが高いといった理由で、生産に至らなかったこともあるという。そこでGoneShellsは、食品メーカーが使いやすいように、コストを抑えて作ることを意識しているそうだ。

飲み終わったペットボトルなどを、決められた曜日にごみに出すことが、少し疲れるときもあるだろう。Tomorrow Machineのボトルは、ごみの処分にワクワク感を添えてくれそうだ。

このトピックに関する最新情報をお見逃しなく

無料アカウントを作成し、パーソナライズされたコンテンツコレクション(最新の出版物や分析が掲載)にアクセスしてください。

会員登録(無料)

ライセンスと転載

世界経済フォーラムの記事は、Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public Licenseに基づき、利用規約に従って転載することができます。

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

シェアする:
World Economic Forum logo
グローバル・アジェンダ

アジェンダ ウィークリー

グローバル・アジェンダとなる、重要な課題のウィークリー・アップデート

今すぐ登録する

メールに記載されているリンクを使って、いつでも配信を停止することができます。 詳しくはこちらをご覧下さい。 プライバシー・ポリシー.

Reducing Embodied Carbon in Cities: Nine Solutions for Greener Buildings and Communities

Lisa Satolli

2024年4月8日

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム