世界経済フォーラムの制度

主流化が進むWeb3:2023年に注目すべき4つの動向

2021年に約32億ドルに達したWeb3のグローバル市場は、今後10年にわたり拡大が続くと予測されます。

2021年に約32億ドルに達したWeb3のグローバル市場は、今後10年にわたり拡大が続くと予測されます。 Image: Getty Images/iStockphoto

Samantha Weinberg
Project Specialist, Crypto Impact and Sustainability Accelerator, World Economic Forum LLC
シェアする:
インパクト
世界経済フォーラムは、{Topic}}に関する行動を加速させるために何をしているのか
大きな絵
調さしモニターする イノベーション は、経済、産業、グローバルな問題に影響を与えています。
A hand holding a looking glass by a lake
クラウドソース・イノベーション
参加する クラウドソーシングのデジタルプラットフォームで、スケール感のあるインパクトを提供します。
最新の情報をお届けします:

イノベーション

本稿は、以下会合の一部です。世界経済フォーラム 年次総会2023
  • 2021年時点で、Web3のグローバル市場は32億ドルと推定され、今後も拡大が続くと予測されています。
  • Web3のイノベーターに関わる政策が変化し、分散型ソーシャルメディアの利用が広がる可能性があります。
  • 今後、資産のトークン化が進み、ブロックチェーン技術の利用がますます主流になるでしょう。

Web3には多くの定義がありますが、基本的にはブロックチェーンをベースとする、ビルダーとユーザーによって所有される分散型インターネットを指します。Web3のグローバル市場は、2021年時点でおよそ32億ドルに達しており、ブロックチェーン上に構築される新技術の導入が増加するのに伴い、今後10年にわたり拡大が続くと予測されています。Web3を未来のインターネット環境とする見方もあり、2023年も引き続き、公の議論の場における重要テーマとなるとみられます。

2023年に予想されるWeb3の動向

Web3業界は急速に進化しています。2022年の動きを踏まえ、2023年に注目すべき4つの分野をご紹介します。

1. 政策の変化

Web3業界に対する規制や政策アプローチに関する多くの議論が行われました2022年。今年もこの傾向は続き、世界的により具体的な政策が実現すると思われます。米国において2022年は、Web3に関する政策のあり方を入念に検討、研究、議論する一年でした。2023年には、デジタル資産に関するバイデン大統領の大統領令の成果に加え、議会において暗号資産法案を巡る動きが進み、より明確な政策枠組みへと進展する見通しです。また、日本の例を取り入れ、Web3に特化した政策当局を立ち上げ、一段と明確な政策アプローチを確立する国が増える可能性もあります。

2. 分散型ソーシャルメディアの台頭

Web3の重要な柱の一つは、分散型という概念です。現在、巨大テック企業によって提供されているインターネットとは異なり、この概念ではインターネット上に中央の管理主体が存在しません。このことから、2023年には分散型ソーシャルメディアの人気が高まると予想されます。このような動きがすでに始まっていることは、マストドンのようなプラットフォームにユーザーが参加していることに見られています。マストドンはブロックチェーン技術をベースとするプラットフォームではありませんが、分散型を意図しており、フェデレーションモデルで運用されています。このような変化が、レンズプロトコルマインズなどの、ブロックチェーンベースのほかのプラットフォームに新たな機会をもたらす可能性があります。

Web3業界は急速な進化を遂げています。
Web3業界は急速な進化を遂げています。 Image: Emergen Research

3. 資産のトークン化の増加

トークン化により、現実世界のほぼすべての資産をブロックチェーン上でデジタル表現できます。トークン化が進むことで、金融市場や大部分の業界に革命的変化が起きる可能性があります。特に、ブラックロック社ゴールドマン・サックス社など、トークン化の可能性を探る主流プレイヤーが増えることで、2023年にはトークン化の拡大が続く見通しです。このことは、金融市場はもちろん、不動産やエンターテイメントといったデジタル化が可能な資産を有するほかのセクターにも影響を与える可能性があります。

4. 主流となるユースケースの拡大

これまでご紹介した3つのトレンドは、いずれも、2023年がWeb3の主流化が進む一年になることを明示しています。技術が成熟するにつれ、現在、先駆的ユーザーを沸かせているものを上回る具体的なユースケースが増加していくことでしょう。2022年に非代替性トークン(NFT)ベースの新しいリワードプログラム、スターバックスオデッセイを発表したスターバックスなど、すでにWeb3の探求に着手している大手企業が、この動きを後押しするとみられます。従来型の企業によるこうしたWeb3のビジネスへの導入に加え、へリウムのようなWeb3ネイティブのユースケースも引き続き勢いを増していくでしょう。

このトピックに関する最新情報をお見逃しなく

無料アカウントを作成し、パーソナライズされたコンテンツコレクション(最新の出版物や分析が掲載)にアクセスしてください。

会員登録(無料)

ライセンスと転載

世界経済フォーラムの記事は、Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public Licenseに基づき、利用規約に従って転載することができます。

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

シェアする:
World Economic Forum logo
グローバル・アジェンダ

アジェンダ ウィークリー

グローバル・アジェンダとなる、重要な課題のウィークリー・アップデート

今すぐ登録する

メールに記載されているリンクを使って、いつでも配信を停止することができます。 詳しくはこちらをご覧下さい。 プライバシー・ポリシー.

パートナーシップがサーキュラリティ拡大の推進力に

Kyriakos Triantafyllidis, Tessa Bysong and Josh Hinkel

2024年4月29日

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム