鉄道開業150周年、持続可能な鉄道に日本が見る未来

日本の鉄道は150年の歴史を経て、より持続可能な交通手段として進化を遂げています。

日本の鉄道は150年の歴史を経て、より持続可能な交通手段として進化を遂げています。 Image: Unsplash/M.S. Meeuwesen

Naoko Kutty
Writer, Forum Agenda
Naoko Tochibayashi
Communications Lead, Japan, World Economic Forum
シェアする:
大きな絵
調さしモニターする 日本 は、経済、産業、グローバルな問題に影響を与えています。
A hand holding a looking glass by a lake
クラウドソース・イノベーション
参加する クラウドソーシングのデジタルプラットフォームで、スケール感のあるインパクトを提供します。
最新の情報をお届けします:

日本

  • 今年、日本の鉄道は開業150周年を迎えました
  • 持続可能な社会の実現に向けて、鉄道各社は鉄道の脱炭素化を急いでいます
  • 日本の高い鉄道技術と知見は、今後、世界の持続可能な鉄道システムの発展を牽引することができるでしょう

日本の鉄道は、1872年に新橋〜横浜間が開業して以来、今年で150年目の節目を迎えます。

明治維新後、近代国会への生まれ変わりを急ぐ日本にとって、交通制度の整備は急務でした。より多くのヒトやモノを乗せて、より速く、より遠くまで、走る鉄道の整備は、大きな意味を持っていたのです。当時、日本は開国して間もなく、鉄道の技術は皆無であったため、鉄道建設の指揮を取ったのは、エドモンド・モレルをはじめとするイギリス人技術者たち。彼らの貢献により、明治維新からわずか5年で日本に官営鉄道が誕生しました。それから今日に至るまで、鉄道の存在が日本人の生活にさまざまな影響と変化を与えてきたことは言うまでもないでしょう。

鉄道は最もエコな交通手段

さまざまな交通インフラの中で、効率的な輸送を実現した鉄道ネットワークは、日本の経済発展を力強く下支えしてきました。自動車に比べて、運動エネルギー効率が圧倒的に高く、環境負荷が極めて小さいのも鉄道の大きな特徴です。

2019年度の、日本の二酸化炭素排出量は11億800万トン。そのうち、モビリティ(運輸部門)からの排出量は18.6%の2億600万トンを占めています。その内訳を見てみると、自動車が86.1%、航空が5.1%、内航海運が5.0%、そして鉄道が占める割合はわずか3.8%。

運輸部門からの二酸化炭素排出量で、鉄道が占める割合はわずか3.8%
運輸部門からの二酸化炭素排出量で、鉄道が占める割合はわずか3.8% Image: 国土交通省

ヒト1人を1km運ぶ際に排出する二酸化炭素量で見てみると、2019年に最も多かったのは自家用車(130g)で、続いて飛行機(98g)、バス(57g)、鉄道(17g)と、いかに鉄道が環境に優しい移動手段であるかが分かります。

ヒト1人を1km運ぶ際に排出する二酸化炭素量。鉄道は圧倒的に少ない。
ヒト1人を1km運ぶ際に排出する二酸化炭素量。鉄道は圧倒的に少ない。 Image: 国土交通省

モーダルシフトで排出量削減

輸送量が増加すると二酸化炭素の排出量も増加しますが、輸送量は景気の動向や経済情勢に大きく左右されます。予測の難しい輸送量の増減にかかわらず、排出量を確実に削減していくためには、効率の良い輸送を促進することが重要になります。

環境を配慮した取り組みが求められ始めた1990年代以降、地球環境の将来を見据えた物流の新たな考え方が注目を集めています。そのひとつに、輸送手段をトラックから鉄道や船舶に移行させる「モーダルシフト」があります。JR貨物によると、1本の貨物列車(26両分)は、10tトラック65台分に相当するといい、一度に大量の荷物を運べる鉄道は、輸送効率が非常に高いことが分かります。

その一例として有名なのは、トヨタ自動車の「トヨタ・ロングパス・エクスプレス」。名古屋〜盛岡間の約900キロを結ぶこの列車は、トヨタ自動車を荷主とする貨物列車で、愛知県の工場で生産された同社の部品を、岩手の工場まで運んでいます。トラックから鉄道での輸送に切り替えたことで、10トントラック40台分の荷物を一度に輸送することが可能になったとしています。

脱炭素社会を牽引する鉄道会社の取り組み

道路交通から鉄道の利用へと移行が進むことで、排出量の削減は叶ったとしても、鉄道が排出する二酸化炭素をゼロにするためには、鉄道各社の取り組みが鍵を握っています。どれほど環境負荷の低い鉄道でも、その排出量の9割は電力由来で、その多くを火力に依存しているからです。

日本初、東急電鉄が全線100%再生可能エネルギー運行へ

2019年、東急電鉄は、事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーに転換することを目指す国際的なイニシアチブ「RE100」に、日本の鉄道会社として初めて加盟。同年、東京都世田谷区東部を走る同社の路面電車は、再生可能エネルギー100%電力で運行が開始しました。そして、今年四月から、同社の鉄道全路線(7路線)の運行と全駅で使用する電力を、太陽光、風力、地熱、水力による100%再生可能エネルギー由来に切り替えることを実現。この野心的な同社のアクションにより、5万6,000世帯分の年間排出量に相当する二酸化炭素の削減が見込まれています。東急電鉄によると、運行する全路線の電力の全てを再生可能エネルギー由来とするのは、日本初の取り組みです。

JR東日本が叶える、水素で電車が走る日

日本最大の鉄道会社、JR東日本も先駆的な取り組みを進めています。2050年までに排出量実質ゼロを目指す同社の施策として注目を集めているのが、国内初となる水素ハイブリット電車「HYBARI」。JR東日本が、トヨタ自動車と日立製作所と連携し、それぞれの鉄道技術と自動車技術を結集する形で開発されたこの車両は、水素をエネルギー源とする燃料電池の電力とバッテリーの電力を主電源とします。最高時速は100キロメートル、1回の高圧水素の充填で最大140キロメートルの走行が可能だとされています。今年、走行試験が実施され、2030年に実用化が予定されています。

鉄道の脱炭素化

鉄道は、持続可能な社会の実現を可能にする輸送システムの基幹となる可能性を秘めた交通手段の一つとして、道路交通からの持続可能なモーダルシフトに不可欠です。このモーダルシフトのメリットを最大化するためには、鉄道の脱炭素化が要となり、鉄道各社の果たす役割は極めて大きいと言えるでしょう。

150年の歴史から培われた日本の高い鉄道技術と知見は、今後、世界の持続可能な鉄道システムの発展を牽引することができるはずです。そして、私たち一人ひとりが、毎日の生活の中で選択する移動手段の基準の中に、二酸化炭素排出量をモノサシのひとつとして入れること、この決断がその発展を後押しするでしょう。

このトピックに関する最新情報をお見逃しなく

無料アカウントを作成し、パーソナライズされたコンテンツコレクション(最新の出版物や分析が掲載)にアクセスしてください。

会員登録(無料)

ライセンスと転載

世界経済フォーラムの記事は、Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public Licenseに基づき、利用規約に従って転載することができます。

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

シェアする:
World Economic Forum logo
グローバル・アジェンダ

アジェンダ ウィークリー

グローバル・アジェンダとなる、重要な課題のウィークリー・アップデート

今すぐ登録する

メールに記載されているリンクを使って、いつでも配信を停止することができます。 詳しくはこちらをご覧下さい。 プライバシー・ポリシー.

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム