Davos 2022

クリーンエネルギーの未来-インドでは「ブルー水素」ではなく「グリーン水素」が鍵を握る理由とは

グリーン水素とブルー水素に対する私たちの思い込みは、どこでも通用するわけではありません。インドがその典型例です。 Image: Unsplash/Harshavardhan Pentakota

Chris Greig

Senior Research Scientist, Andlinger Center for Energy and the Environment at Princeton University

Arun Sharma

Head, Sustainability and Climate Change; Distinguished Professor Emeritus, QUT, Adani Group

Share:

The Big Picture
Explore and monitor how 水素 is affecting economies, industries and global issues
Crowdsource Innovation
Get involved with our crowdsourced digital platform to deliver impact at scale

Stay up to date:

Davos 2022

現地の資源と機能によって、ブルー水素とグリーン水素の相対的な優劣が決まります。
Don't miss any update on this topic

Create a free account and access your personalized content collection with our latest publications and analyses.

License and Republishing

World Economic Forum articles may be republished in accordance with the Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public License, and in accordance with our Terms of Use.

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

Related topics:

Davos 2022水素インド

Share:

Global Agenda

The Agenda Weekly

A weekly update of the most important issues driving the global agenda

Subscribe today

You can unsubscribe at any time using the link in our emails. For more details, review our privacy policy.

8人の最高経営責任者が語る、企業が未来に対応するための方法とは

Julia Devos and Zishu Chen

2022年6月7日

3:13

メルマガの登録

グローバル・アジェンダのウィークリー・アップデート

© 2022 World Economic Forum

プライバシーポリシーと利用規約