科学・素材産業

2050年までにCO2排出量を実質ゼロに:その実現を決定づける3つの柱

電気アーク炉などの技術が、CO2排出量の低減が困難な産業の脱炭素化を促す Image: REUTERS/Srdjan Zivulovic

Shunichi Miyanaga

Chairman of the Board, Mitsubishi Heavy Industries

Share:

The Big Picture
Explore and monitor how 科学・素材産業 is affecting economies, industries and global issues
Crowdsource Innovation
Get involved with our crowdsourced digital platform to deliver impact at scale

Stay up to date:

科学・素材産業

なかでも重工業は脱炭素化が最も困難 Image: 三菱重工/ 「IEA世界エネルギーの見通し2019」
たったそれだけ? Image: Mitsubishi Heavy Industries / Energy Transitions Commission

License and Republishing

World Economic Forum articles may be republished in accordance with the Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International Public License, and in accordance with our Terms of Use.

この記事は著者の意見を反映したものであり、世界経済フォーラムの主張によるものではありません。

Related topics:

科学・素材産業持続可能な開発目標12: 責任ある消費と生産アドバンスド・マニュファクチャリングとバリューチェーン

Share:

Global Agenda

The Agenda Weekly

A weekly update of the most important issues driving the global agenda

Subscribe

You can unsubscribe at any time using the link in our emails. For more details, review our privacy policy.

化学を気候変動問題の原因ではなく、解決策とするためには

メルマガの登録

グローバル・アジェンダのウィークリー・アップデート

© 2022 World Economic Forum

プライバシーポリシーと利用規約