将来、空の旅はペーパーレスに?世界経済フォーラムが導入するイニシアチブで、それが実現するかもしれません。

登録済旅行者デジタルアイデンティティー(KTDI)プログラムによって、旅行客はパスポートなどがなくても外国を旅する事ができるようになります。この仕組みは現在試験中。パイロットプロジェクトに参加した乗客は、パスポート代わりにモバイル端末を使ってカナダーオランダ間を旅行することができます。

世界の旅客数は空港の対応能力の伸びを超えるスピードで増加し、空の旅のシステムは切迫しています。KTDIの目的は空港内の乗客の流れの迅速化と、国境を越えた身分詐称のリスクを減らすことです。

「2030年には、国際線の到着旅客数は18億人になると予想されています。これは2016年の50%増です。現在のシステムでは、空港はこの増加に対応できません」と語るのは世界経済フォーラム移動システム部門長のクリストフ・ウォルフ氏。「このプロジェクトはそれを解決します。相互運用可能なデジタルIDなどのKTDI技術を使うことで、人々が安全でシームレスに旅するための総合的な解決案となり、航空とセキュリティの将来を形づくります」。

流れるように

乗客がプログラムの参加空港に到着したときには、すでに本人のIDデータが暗号化され、パスポートのマイクロチップではなくモバイル端末に保存されます。

関連情報は乗客が空港に到着する前に航空会社、国境管理局などに送信。データ送信時には本人の同意が毎回必要とされるため、パスポートを使った現在のシステムよりも自分の個人データを確実に管理できるようになります。

指紋認証や顔認証などの生体認証テクノロジーを利用することによって、乗客は出発ロビーを出て旅客機に乗り、目的地に到着するという一連の流れをシームレスかつペーパーレスで行うことができます。

歴史的な瞬間

KTDIプログラムの試験は2019年の間に実施され、端から端までデジタル認証を使用した旅は、2020年にスタートする予定です。

世界各地の空港で旅客の流れを加速することができれば、今後急成長が予想されている航空産業の負担を和らげることができます。

イメージ: 国連世界観光機関

上のグラフが示すように、国際線の到着旅客数はこれからの10年で急成長するとみられています。

特に成長が予想されているのはアジア、中南米、アフリカ、中東などの新興経済国で、2030年には国際線到着客全体の57%を占めると考えられます。

KTDIプログラムは旅客数増加への対策面で航空業界を支援することができますが、ペーパーレス旅行を世界規模で導入するには色々な問題もあるでしょう。

このプログラムの成功は各国政府、テクノロジー企業、航空業界、国境管理局などが、すべてのステークホルダーが足並みをそろえるグローバルなセキュリティやデータ保護の基準を設置できるかにかかっています。

今回の試験的取り組みは、カナダとオランダのステークホルダーが独自に連携する形で実施されましたが、他国もこれを参考にして空の旅のあり方を変えていくかもしれません。