私たちは面白い時代を生きています。それはテクノロジー企業にとって最良の時代であると、英国の文豪ディケンズは表現するかもしれません。デジタル革命は画期的なインパクトを与えていますが、人類が直面している地球規模の危機や課題を踏まえると、多くの人にとってはむしろ最悪の時代になるかもしれません。

1つ確かなことは、私たちの世界は都市で形成され、また世界はますます都市化しているということです。2050年までに世界の人口の70%以上が都市に住むと予測されています。そして、都市は世界のGDPの80%を担うことになり、グローバル経済の新しい成長エンジンとなるでしょう。

規模に関わらず、都市はイノベーションや生産、創造性が集まる中心地となっています。スマートテクノロジーへの投資により、都市は人々が集まり人材を惹きつける場所になります。また、人口増加や交通渋滞、水やエネルギー、住宅等の希少資源のひっ迫といった、持続可能性の課題に対処する中心的なアクターでもあるのです。

競争し、協力しあう都市

今後は、国家間ではなく都市の間で競争が生まれるでしょう。すべての都市が差別化を図るために競争力の向上が必要になります。資源を多様化し、市民に経済的、社会的、文化的機会を提供することができる柔軟性があり、スピード感がある都市が生き残っていくでしょう。

増大するリスクや脅威に対して革新的で包摂的かつ倫理的なソリューションを生み出す最適な環境が整備された都市は、リーダーの役割を担うでしょう。都市は相互に依存しながら競争と協力を進め、未来の可能性を広げていくでしょう。

「スマートシティ」という言葉は、これまでになく数多く出版されている都市化やデジタル化に関する文献の中で<バスワード>になっています。私にとってスマートシティとは、市民の物理的/デジタル空間やオンライン/オフラインプロセスへの参加を促進させるものです。スマートシティは、コネクティビティやIoTを通じて、技術が持つ実現させる力によって市民の生活を快適にし、ニーズに対応して健康と福祉を向上させるものです。また、現地の特殊性を活かして全体的で体系的なアプローチによってスマートシティは絶えず変革します。

これについて、民間セクターが企業の社会的責任の一環として重要な役割と責任を持つと確信しています。都市を住人にとって最も重要な「生活空間」の単位と捉え、スマートシティが有意義な方法で社会に還元すると固く信じています。責任と対応力のあるリーダーシップに則して、民間企業が事業や投資を行う都市の可能性を活用する取り組みを進め、または参加するのであれば、世界はより良い場所となることができます。

人々による、人々のためのスマートシティ

市民の心を掴まずに、スマートシティは実現しません。これを踏まえて、私たちが61年前に生まれた都市チャナッカレで新しい事業に取り組んでいます。TBVやノヴセンセと協力して実施する「チャナッカレ・オン・マイ・マインド」は、市民生活の質改善の観点からスマートで持続可能な都市への移行を目指しています。報告書はこちらから。

スマートソリューションとは、人々の生活に関係し、将来的な見通しを提案する具体的な結果を意味すると考えます。しかし、資源が限られた世界では、焦点を当てる分野と都市ごとの状況に適合する「スマートさ」を優先化して特定することはより困難となっています。ベストプラクティスの方法論とベンチマーキングは不可欠であるため、すべてのプロジェクトは都市ごとの状況を理解し、利害関係者のオーナーシップと支持を得ることでその強みを引き出します。

未来とスマートシティを並行して構築

国連の持続可能な開発目標(SDGs)の実現に資することができるかなど、スマートシティがもたらしうる恩恵が急速に認められています。SDG 11とは、「都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする」ことを目標に掲げます。

民間セクターは責任の共有を前提とし、中核的な事業目標と投資判断にSDGを組込まなければなりません。SDGは、付属的な要素ではなく、むしろ経済的価値を持つ事業に不可欠なものとして捉えるべきです。SDG達成に向けた取り組みを公開することは、目的意識を持つ消費者や投資家、そして従業員にとってより重要になっています。

私たちは協力して、本当の意味で都市がスマートで、持続可能となるためのツールの開発に取り組む必要があります。成功に向けて、国際機関、各国政府、地方自治体、そして市民社会や学術界、民間セクターといった現地パートナーが協力しなければならないのです。大きな夢を持ち、意欲的ながら現実的でもある目標を信じています。都市は人々に元気を与えるものでなければいけないと私は考えます。

私たちはチャナッカレを<ロールモデル>として確立させ、トルコや世界各国の同規模の都市の先例を打ち立てたいと考えます。同じ目標を分かち合うすべての利害関係者をつなげ効率的な協働を促進させる、<ファシリテーター>、<触媒>、そして<システムインテグレーター>の役割を担う用意ができており、国内そして国際的な連携を切り開くことができれば幸いです。

私にとってスマートシティ・プロジェクトは、全体的な視点で共同設計されるべき包括的な構想です。センサーによって光ファイバーネットワークやコネクティビティの範囲にスマートシティを限定することは、私たちが活用することができる幅広い可能性が持つ価値を制限してしまいます。

変化は地方から

変化は地方から生まれます。グローバルな変化でさえも最初は小規模なものです。それは、現地のニーズに対する特定のソリューションを生み出すプロジェクトなのです。

いつの日か、チャナッカレが市民に仕え、世界的な成功例の1つに数えられるスマートシティへと変貌することを夢見ています。そして、チャナッカレがイノベーションモデルとして国際的な文献に引用されることを望んでいます。

変革はすでに始まっています。スマートシティは綿密な実行や思考の変化が必要であると理解しています。しかし、スマートで持続可能な都市への移行には、多くの人々の知恵や市民、企業、そして政府のますますの協力が必要です。私たちは、より効率的で環境にやさしく人間を中心とする都市を共同設計することができます。それは、個人の健康や持続可能な開発を促し、より良い未来を創造する場所になります。