アジェンダ(寄稿文)

最新の寄稿文で、ビジネス、政治、市民社会のリーダーたちによるタイムリーな分析および解説をお読みいただけます。

842 寄稿文

Equity, Diversity and Inclusion

AI主導の職場が変える女性のリーダーシップ

経済が不安定になると、その多大な影響を受けるのは常に女性たちでした。そして、2020年と2021年の熱狂的な採用ブームが終わり、グローバルな労働市場が冷え込んでいる今、損をしているのは女性の専門職です。採用が鈍化する中、経営の一角を担う女性が増えつつあったここ数年のわずかな進歩が帳消しにされようとしています。

Sue Duke

2024年6月14日

不確実性を増す世界において、リーダーたちは戦略的フォーサイトを活用し、より強固な政策を立案することができます。
Leadership

変化し続ける世界で「戦略的フォーサイト」が計画立案の切り札になる

不確実性と変化に支配されつつある世界では、各国政府は公共政策を策定・管理する際に、常に社会の将来のニーズに適応し、対応しなければなりません。戦略的フォーサイトは、各国政府がこれを行う上で不可欠なものとなります。戦略的フォーサイトによってさまざまな未来の姿を想定し、その可能性に効果的に備えることができるのです。

Fredy Vargas Lama

2024年6月10日

自国民のメンタルヘルスを改善しようとするウクライナの取り組みには、世界の他の国々にとっても学ぶべき点があります。
Wellbeing and Mental Health

ウクライナのファーストレディーが語る、戦争とメンタルヘルス

私の携帯電話には、写真が入っています。学校を卒業した若い女の子と男の子が、夜、広い街路の真ん中でワルツを踊っている写真。それはとても微笑ましい光景です。しかし、実のところ彼らはウクライナの都市ハリコフの学校を卒業したばかりの若者たちで、わずかな静けさを求め、ロシア軍の砲撃の合間を縫って、朝の5時から卒業パーティのダンスを練習しているのです。

Olena Zelenska

2024年6月5日

持続可能性を優先するという首長からの明確な指示が、ネイチャーポジティブな都市への移行の基礎となります。
Urban Transformation

南米から地球を変える:ネイチャーポジティブな都市へ

近年、気候変動や生物多様性の課題に取り組む世界のリーダーたちの間で「ネイチャーポジティブ」という言葉が大きな話題になっています。この言葉は、自然保護団体、研究機関、企業・金融コアリションを代表する「ネイチャーポジティブ・イニシアチブ」によって、「2030年までに自然消失を回復軌道に乗せ、2050年までに自然を完全に回復させる」というグローバルな社会目標として定義されています。

Carlos Correa Escaf

2024年5月28日

4月、横浜の湾岸地域に100人以上のボランティアが集まり、アマモを海底に植える活動が行われました。
Nature and Biodiversity

ブルーカーボンを活用する日本の取り組み ~ネットゼロへの道筋~

4月、横浜の湾岸地域に100人以上のボランティアが集まり、アマモを海底に植える活動が行われました。日本は、2050年までにカーボンニュートラルを達成するという目標を掲げており、海洋資源を活用した地球温暖化対策を推進する日本初の取り組みである「横浜ブルーカーボン事業」が2011年に発足しています。

Naoko Tochibayashi

2024年5月24日

アフリカ北東部では、水へのアクセスと干ばつに対するレジリエンス(強靭性)が引き続き課題となっています。
Food and Water

アフリカの深層地下水、干ばつに対するレジリエンスが劇変する可能性

猛暑と干ばつが「アフリカの角」と呼ばれるインド洋と紅海に接するアフリカ北東部の地域を荒廃させ、壊滅的な結果をもたらしています。ジブチ、エリトリア、エチオピア、ソマリアの多くの人々にとって、それは現在も続いています。そして今は影響を受けていない人々にも、干ばつの恐怖はこれまでになく身近に迫っているのです。

Bradley Hiller, Jude Cobbing and Andrew Harper

2024年5月20日

寿命が延び、退職年齢が遅くなるため、職場における年代の多様化が進むでしょう。
Jobs and the Future of Work

年齢が多様化する職場がもたらす未来の成長

ここ数十年、30年から40年を職場で過ごし、60代で引退することが一般的だと考えられていました。しかし、それはもはや通用しません。働き方は変わりつつあります。いつ働くか、どのように働くか、どこで働くか、どのようなツールを使うかだけでなく、「誰が」働くかということが重要です。

Susan Taylor Martin

2024年5月16日

グリーン・テクノロジーのイノベーション・パイプラインに資金を供給するクリエイティブな方法を、中国から学ぶことができるでしょう。
Geographies in Depth

グリーン・テクノロジー、中国に学ぶイノベーションを支える資金調達

IPCCの最新の報告書によると、温室効果ガス(GHG)排出量は二酸化炭素換算で57.4 ギガトンとなり、世界記録を更新。2023年は、産業革命以前の平均を1.45±0.12℃上回り、記録上最も暖かい年となりました。排出量を削減するどころか、私たちは間違った方向に進み続けています。しかし、この状況に変化をもたらすことは可能です。

Sha Song

2024年5月13日

1 / 57

世界経済フォーラムについて

パートナーとメンバー

  • 参加する

言語

プライバシーポリシーと利用規約

© 2024 世界経済フォーラム