Agenda articles

Explore the Forum’s latest opinion articles, timely analyses and explainers from leaders in business, politics, and civil society.
Filter by global issue, industry or economy
491 articles
気候変動

宇宙開発における新たな発明が、気候変動対策を劇的に向上させる

フランス人科学者の発明によって、気象や気候の予報が容易になるかもしれません。

Victoria Masterson

2022年6月27日

持続可能な開発

日本のSDGs - 理想と現実「SDGs消費経験は3割」にすぎない?

地球環境や社会に配慮されたエシカル(倫理性・道徳性の高い)商品や、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」であるフェアトレードなど、近年、SDGs消費が注目されている。

Business Insider Japan

2022年6月20日

Davos 2022

グローバルヘルス ― 世界最大の死因に歯止めをかけるためのパートナーシップ

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)はシンデミック、つまり様々な社会的要因と伝染病による相互的な作用をもたらしました。医療施設への負担、社会的制約、さらに医療を受けることを人々が以前より躊躇するようになった結果、さまざまな健康状態の診断と治療に深刻な混乱が生じています。

Marie-France Tschudin

2022年6月6日

気候変動

技術革新を気候変動目標の達成に役立てる3つの方法

気候変動がもたらす最悪のシナリオを防ぎ、より安全な未来を確保するために、世界は早急に低炭素経済に移行することが必要です。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の最新調査によると、温室効果ガスの排出量を2025年までにピークアウトさせ、その後急速に減少させなければ、気温上昇を産業革命以前の水準から1.5℃以内に抑えることができないと予測されています。

Jeremy Jurgens

2022年6月2日

Davos 2022

なぜ今、はしかの患者数が急増しているのか

はしか(麻しん)は通常ワクチンで抑えられていますが、現在、患者数が急増しています。ユニセフ(国連児童基金)と世界保健機関(WHO)の共同データによると、2022年1月と2月のはしか症例数は、前年同期に比べ80%近く急増しました。一体何が起きており、その蔓延はどれほど深刻なのでしょうか。

Victoria Masterson

2022年5月26日

Davos 2022

「人々は旅を求めている」-4人のリーダーが語る観光産業における変化と成長の兆し

世界の旅行・観光産業は、パンデミックの収束に伴って需要が回復し、その勢いは加速しています。2021年1月と2022年1月の国際観光客到着数の差は、2021年全期間(2021年の1年間)における国際観光客到着数の増加分と同程度でした。しかし、2020年だけでも、GDPは4.5兆ドル、失業者数6,200万人と多大な損失を被っており、回復への道のりはまだ長いと言えます。

Anthony Capuano, Shinya Katanozaka, Gilda Perez-Alvarado and Stephen Kaufer

2022年5月24日

Davos 2022

世界が協力を再構築するために

ウクライナ戦争、厳しい経済情勢、気温の上昇、100 年に一度といわれるパンデミック (世界的大流行) 。これらは、単なる危機の連鎖ではありません。これらは一連の個別の危機というよりも、新たなグローバル時代の幕開けを意味し、より大きな分断と争いによって定義されることが恐れられています。

Børge Brende

2022年5月23日

Davos 2022

クリーンエネルギーの未来-インドでは「ブルー水素」ではなく「グリーン水素」が鍵を握る理由とは

国際エネルギー機関(IEA)が最近発表した「Global Hydrogen Review 2021(グローバル・ハイドロゲン・レビュー2021)」で指摘するように、グリーン水素(再生可能な電力で水を分解して製造した水素)の供給を促すために数百億ドルの補助金を出すことが発表されているものの、グリーン水素を燃料とする経済の未来はいくつかの課題に直面しています。このレポートによれば、「世界の多くの地域では、再生可能エネルギーによる水素製造のコストは、化石燃料由来のものより依然として高い」ということです。

Chris Greig and Arun Sharma

2022年5月23日

Davos 2022

日本のウェルビーイングのとらえ方

かつて「幸福な状態」と定義されていた「ウェルビーイング」は、その後、医療などの分野で主に使われるようになり、今では経済的側面の充実のみならず、住環境や安全、文化、食、生活環境の豊かさをも指す、より包括的な概念となりました。つまり、ウェルビーイングとは、生きる目的そのものなのです。

Makiko Eda and Makiko Eda

2022年5月22日

1 / 33

メルマガの登録

グローバル・アジェンダのウィークリー・アップデート

© 2022 World Economic Forum

プライバシーポリシーと利用規約