プラットホーム テクノロジー・ガバナンス:AIと機械学習
フィルター
かくす
コミュニティ
Global Future Councils
Platプラットホームforms
コミュニティ Global Future Councils Platプラットホームforms

テクノロジー・ガバナンス:AIと機械学習

概要を見る

公平性、プライバシー、透明性、説明責任、社会的影響を守りながら、AIと機械学習が社会的利益をもたらす速度を加速させる。

AIは、第四次産業革命を推進する原動力のひとつです。その有効性は、家庭、企業、公共の場においても明らかです。ロボットとして具現化されたAIが車を運転し、倉庫に荷物を運び、子どもや高齢者の世話をするようになる日もそう遠くないでしょう。社会が直面する緊急課題もAIなら解決できるという期待が高まると同時に、不可解な「ブラックボックス」アルゴリズム、データの非倫理的な利用、失業者が増える可能性など、さまざまな課題も浮き彫りになっています。

機械学習(ML)の急速な進歩によって、AIの導入範囲や規模が日常生活のあらゆる面にまで広がり、テクノロジーが自立して学習し、変化する能力があるため、説明責任、透明性、プライバシー、公平性を最適化し、信頼を構築するためには、マルチステークホルダーの協力が不可欠です。

このプラットホームは、公的機関と民間組織の主要なステークホルダーを一同に集め、AIとMLのメリットを高めながら、リスクを軽減するため、政策の枠組みを共同で作成・試験するものです。

プロジェクトには、子どもたちを守り、21世紀に向けたAI規制機関を設立し、顔認識テクノロジー特有の課題に対応するための基準作りが含まれます。

関連するもの プロジェクト

関連するもの レポート