フィルター
かくす
Global Issue
Industry
Economy
4th Industrial Revolution
Global Issue Industry Economy 4th Industrial Revolution

すべての記事

Japan

労働力の高齢化課題をリードする日本

第4次産業革命のテクノロジーが既存の経済・社会システムを圧迫する中、日本は諸外国と同様、グローバリゼーション4.0の持つ大きな影響力に直面しています。2018年版の「仕事の未来レポート」によると、2022年までに主要20ヵ国で7,500万人分の雇用枠が失われると予測されており、新たな労働力の需要を満たすべく、官民による解決策が求められることになります。

2019年05月13日
International Trade and Investment

eコマースにおける信頼を高める5つの方法

消費者とサプライヤーの間の信頼は、オフラインに比べ、オンラインで大きな問題に発展しがちです。オンラインでは、物理的なやりとりや、消費者が小売業者またはサプライヤーの職業的スキルを試す機会に触れる限界があります。24ヵ国のインターネットユーザー2万4,000人を対象としたある調査では、オンラインで買い物をしないと回答した人が22%に上り、うち49%が信頼できないことをその理...

2019年04月17日
Middle East and North Africa

中東・北アフリカの大学は、どのように地域を世界の次なる技術ハブに変えられるか

現代の経済イノベーションのエコシステムとして一般に最も認められているものは幾つかありますが、そのなかでも大学は中心的存在です。古くから大学は保守的なものと見られてきましたが、現在のこのエリート機関は、例えばシリコンバレーやルート128、ケンブリッジシャーといった地域の中核になっています。

2019年04月05日
Inclusive Growth Framework

より強靭で包摂的なグローバル・システムの構築に向けて

近年の地経学的な発展は、国際的な連携の影響力を反映している一方で、既存システムの限界を浮き彫りにしている。日本がG20の議長国を初めて務める年でもある2019年は、国際社会が経済成長を目指した協力の在り方を再確認し、新しいテクノロジーへのレジリエントかつ柔軟性のある貿易の在り方を見直す機会になるであろう。

2019年04月01日
Gender Parity

多様な人材、育つチャンス

世界経済フォーラムでは毎年、世界のジェンダーギャップの状況をまとめています。昨年末に出した報告書では、AIを開発したり使ったりする技術を持った専門職のうち女性が占める割合は22%に過ぎず、格差拡大や、多様性の欠如による技術革新の停滞につながりかねないという内容を盛り込みました。その22%の中でも、管理職は男性が多く補佐的な業務は女性が多いという偏りが見られました。

2019年03月11日
1/4